Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 心房細動

(S566)

発作性心房細動患者における左心耳血流速度予測因子の検討

What are the predictors of the left atrial appendage flow velocity in patients with paroxysmal atrial fibrillation?

津田 裕美子1, 浜田 敏彦1, 大竹 由香1, 木村 秀樹1, 長谷川 奏恵2, 久嵜 香2, 絈野 健一2, 天谷 直貴2, 宇隨 弘泰2, 夛田 浩2

Yumiko TSUDA1, Toshihiko HAMADA1, Yuka OTAKE1, Hideki KIMURA1, Kanae HASEGAWA2, Kaori HISAZAKI2, Kenichi KASENO2, Naoki AMAYA2, Hiroyasu UZUI2, Hiroshi TADA2

1福井大学医学部附属病院検査部, 2福井大学医学部循環器内科学

1Department of Clinical Laboratory Science, University of Fukui Hospital, 2Department of Cardiovascular Medicine, University of Fukui Hospital

キーワード :

【背景・目的】
左心耳内血流速度の低下は左心耳内血栓形成・脳塞栓症の重要な予測因子である.経食道心エコー検査を繰り返し施行することは患者にとって負担が大きい.今回,我々は,発作性心房細動患者において,経胸壁心エコーにおける左房機能評価項目,および血清BNP等の生化学的バイオマーカーが,左心耳内血流速度の予測因子となるか,否かを検討した.
【方法】
対象は2013年7月から2015年11月に,当院でカテーテルアブレーション前に経胸壁・経食道心エコー,ならびに採血検査を施行した発作性心房細動症例44名(男性27名,女性17名,平均年齢64歳).超音波診断装置にて心尖部四腔像を描出し,2Dスペックルトラッキング法を用いて左房長軸方向のstrain解析を施行した.Strain解析値は,左房全体(LA global strain, LA-GS)を用いた.また,他の基本計測値に加え,area-length法で計測した左房容積係数(LAVI, ml/m2),経食道心エコーでは,左心耳内血流速度(LAAFV)を計測した.さらに,心臓バイオマーカーとして,末梢静脈血の血清BNP,NT-proBNP,テネイシンC,非対称性ジメチルアルギニン(ADMA)濃度を測定した.
【結果】
LAAFVはLA-GS(r=0.37,p<0.01)およびLA-GS/LAVI(r=0.45,p<0.01)と有意な正の相関を認めた.また,LAAFVはLAVI(r=‐0.42,p<0.01)および血清BNP濃度(r=‐0.55,p<0.005)と有意な負の相関を認めた.
【結論】
経胸壁心エコーによるLA-GS,およびLAVI測定,および血清BNP濃度測定によりLAAFVの予測がある程度可能である.発作性心房細動患者において,これら3つの測定項目は左心耳内血栓形成・脳塞栓症の予測因子となり得ると考えられた.