Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
工学基礎 画像化技術

(S552)

心臓壁の運動計測精度向上を目指した相関窓の実効位置推定に関する基礎研究

Basic study on estimation of effective position of correlation window for improvement of accuracy in cardiac wall motion measurement

鏑木 かおり, 長谷川 英之

Kaori KABURAKI, Hideyuki HASEGAWA

富山大学大学院理工学教育部

Graduate School of Science and Engineering for Education, University of Toyama

キーワード :

【はじめに】
心筋ストレインおよびストレインレートは,局所的な心臓の壁運動の評価に有効な手法として知られている.本報告では,ストレインレート算出原理の改良を行い,評価用ファントムを用いてその有効性を評価した.心筋ストレインレート計測法の精度を向上させ,より精密な心臓の壁運動計測を目指す.
【原理と方法】
ストレインレートは局所2点における変位の差を,変形前の2点間距離で正規化することにより算出する[1].変形前の2点間距離を推定する際,通常は変位推定に用いた相関窓の幾何学中心を参照するが,変位推定の寄与率は受信信号に依存するため[2],受信超音波信号の振幅を考慮した実効位置を推定し変形前の2点間距離を得た.基礎実験では,超音波プローブを自動ステージで1次元運動させることにより評価用ファントムを圧迫させ変形を発生させた.
【結果】
従来法と提案法の結果をそれぞれ図(a),図(b)に示す.これは,固定した1ビームにおいて各深さ(横軸)および時間(縦軸)におけるストレインレートをカラー表示したものである.ファントムの均質部を測定しているため,どちらも深くなるほど変形量が徐々に小さくなっている.また,図(c)にある時刻でのストレインレートの深さ方向分布を示す.従来法(破線)では0.03(m/s)/s程度の値の変動を続けながらストレインレートが減少していくが,提案法(実線)では0.01(m/s)/s程度に抑制されている.推定実効位置を用いたことでストレインレートの推定精度が向上し,変動が抑えられたと考えられる.
【結語】
本報告では,ストレインレートの算出原理に相関窓の実効位置推定を取り入れたことで計測精度の向上を実現した.今後は2次元運動を対象に評価を行い,実際の心臓計測データへの適用を目指す.
【参考文献】
[1]Kanai, et al., “Noninvasive evaluation of local myocardial thicknening and its color-coded imaging”, IEEE Trans. UFFC, vol. 44, no. 4, pp. 752-768,1997.
[2]長谷川,金井,“周波数コンパウンドと相関窓実効位置推定によるひずみ推定精度向上,”日本超音波医学会東北地方会第35回学術集会プログラム・抄録集,p. 1,2008.