Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

奨励賞演題
奨励賞演題 体表臓器 奨励賞演題 体表臓器

(S529)

乳癌の造影超音波検査におけるパラメトリックイメージの有用性

Impact of parametric imaging on contrast-enhanced ultrasound of breast cancer

野呂 綾1, 中村 卓2, 平井 都始子3, 芳賀 真代4, 小林 豊樹5, 林 昭伸6, 小塚 祐司6, 中井 登紀子7, 小椋 透8, 小川 朋子1

Aya NORO1, Takashi NAKAMURA2, Toshiko HIRAI3, Masayo HAGA4, Toyoki KOBAYASHI5, Akinobu HAYASHI6, Yuji KOZUKA6, Tokiko NAKAI7, Toru OGURA8, Tomoko OGAWA1

1三重大学医学部附属病院乳腺外科, 2名張市立病院乳腺外科, 3奈良県立医科大学附属病院中央内視鏡・超音波部, 4奈良県立医科大学附属病院放射線科, 5奈良県立医科大学附属病院乳腺外科, 6三重大学医学部附属病院病理部, 7奈良県立医科大学附属病院病理部, 8三重大学医学部附属病院臨床研究開発センター

1Breast Surgery, Mie University Hospital, 2Breast Surgery, Nabari City Hospital, 3Endoscopy and Ultrasound, Nara Medical University Hospital, 4Radiology, Nara Medical University Hospital, 5Breast Surgery, Nara Medical University Hospital, 6Pathology, Mie University Hospital, 7Pathology, Nara Medical University Hospital, 8Center of Development of Clinical Study, Mie University Hospital

キーワード :

【背景】
乳腺領域における造影超音波検査(以下CEUS)は,良悪性の鑑別診断や,病変の広がり診断,術前化学療法の効果判定など,様々な診療の場面で有用性を示す新たなモダリティとして注目されているが,なかなか一般化せず,その利用は一部施設に留まっている.その原因として,CEUSの視認性の低さが挙げられる.CEUSでは,腫瘍の新生血管を視覚化し,周囲乳腺との境界の判定に利用できる.しかし,腫瘍の染影がmonochromaticであり,背景乳腺の染影と区別できず,腫瘍の進展範囲を正確に評価するには注意深い観察や経験が求められる.主観的であり,検者間での一致した評価も得られ難い.パラメトリックイメージは,CEUSの解析ツールの一つとして用いられており,画像上に時間軸,および輝度変化に対応した色分けができる.このツールを用いれば,早期から造影される腫瘍血管を反映して腫瘍範囲がより明瞭に描出されるため,視認性が向上すると思われる.今回,乳癌のCEUSにおけるパラメトリックイメージの有用性について,当院倫理委員会承認(UMIN000013345)のもと,多施設で前向きに検討したので報告する.
【対象】
2014年4月から2015年3月に,三重大学医学部附属病院と奈良県立医科大学附属病院の2施設で乳癌の手術を行った患者65例.
【方法】
LOGIQ S8(GEヘルスケア社)を用い,ソナゾイド®(ペルフルブタン)を投与してCEUSを行い,記録した動画からPeak timeでのリアルタイム画像と積算画像,パラメトリックイメージを作成した.作成した3種類のエコー画像について,4人のブラインドリーダーが視認性の順位付けを行い,平均順位を比較した.また,エコー画像と,対応するMRIで測定された腫瘍の最大径を,それぞれ手術標本の最大径と比較した.最大径の比較では,対象65例のうち48例について検討した.
【結果】
視認性について,パラメトリックイメージ(P)とリアルタイム画像(S),積算画像(A)の平均順位を比較したところ,P:1.44,S:2.52,A:2.04となり,パラメトリックイメージが有意に見やすい結果となった.3種類のエコー画像と手術標本の腫瘍径との相関は,P:r=0.664,S:r=0.717,A:r=0.630と,いずれも良い相関を認めた.MRIは,r=0.936とより高い相関を示した.
【考察】
乳癌におけるCEUSでは,既存の画像処理方法で作成された画像に比べ,パラメトリックイメージが有意に視認性に優れていた.CEUSの画像評価は主観的になる傾向があるが,パラメトリックイメージによって視認性が向上すれば,より客観的な評価が可能になり,検者間の診断レベルの差を軽減できると思われる.CEUSが見にくく評価が難しい,という印象を払拭し,積極的に利用される機会が増えることを期待したい.また,CEUSで評価された腫瘍径は,いずれも病理結果と良い相関を認めた.残念ながらMRIと病理との相関には及ばなかったが,手術体位での評価ができ,術前マーキングに利用できる点が,CEUSの利点である.またMRIと比較し,より簡便に,安価に,短時間に行える点にも,CEUSの利用価値があると考える.
【結論】
パラメトリックイメージを用いることで,CEUSの視認性が向上することが示された.また,CEUSは広がり診断として,病理と良い相関を認めた.視認性の向上するパラメトリックイメージが,CEUS普及へのブレークスルーとなることを期待したい.