Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

奨励賞演題
奨励賞演題 体表臓器 奨励賞演題 体表臓器

(S529)

乳癌における乳腺造影超音波検査とMRI造影検査の血流動態の比較

Compareson of kinetic pattern between CEUS and MRI in Breast Cancer

野間 翠1, 松浦 一生1, 末岡 智志1, 板本 敏行1, 難波 浄美2, 鳥本 愛弓2

Midori NOMA1, Kazuo MATSUURA1, Satoshi SUEOKA1, Toshiyuki ITAMOTO1, Kiyomi NAMBA2, Ayumi TORIMOTO2

1県立広島病院消化器・乳腺外科, 2県立広島病院臨床検査科

1Department of Breast Surgery, Hiroshoma Prefectural Hospital, 2Laboratory for Clinical Investigation, Hiroshoma Prefectural Hospital

キーワード :

【背景】
乳腺造影超音波検査(CEUS)はMRIと比較して検査の負担や副作用が少なく,手術時と同じ体位でリアルタイムに情報が得られるという利点の一方で,組織による減衰といった超音波検査独特のアーチファクトの影響も無視できない.我々は造影時のTime intensity curve(TIC)の解析から得られる血流動態を示すパラメーターと臨床病理学的所見,MRIでの血流動態との関連につき検討を行いCEUSより得られる情報の特徴について考察を加えた.
【対象と方法】
2014年10月〜2015年10月の術前にCEUSを施行した乳癌手術症例のうち非腫瘤性病変,術前治療施行症例を除く87症例を対象とした.造影剤はソナゾイド®,装置はHi Vision Preirus(日立アロカ)を用いて造影剤注入直後のTICを作成し,Time to peak(TTP),Peak intensity(PI)を測定した.この二つのパラメーターと組織型,Bモード所見との関係について検討を行った.また,同一施設でMRIを施行した61例で血流情報としてMRIのDynamic StudyでのTICより早期相・後期相での腫瘍のSignal Intensity(SI)を測定,MRIにおいて組織の水分量や線維化を表す指標としてT2強調画像での腫瘍部と大胸筋部のSIの比(T2SI比)を測定し,血流情報と組織特性のいずれがCEUSの画像に影響を及ぼすか検討を行った.
【結果】
組織型で分類するとPIの中央値は充実腺管癌99.8 dB,乳頭腺管癌84.9 dB,硬癌68. dB 4と硬癌で低い傾向にあった.またBモードにおける病変後方エコーで分類すると,後方増強群108.0 dB,不変群83.7 dB,減弱群38.5 dBと後方減弱群でPIは有意に低い結果であった.TTPはいずれの比較においても有意差を示さなかった.
MRIとの比較ではPIと早期相SIとの間には有意に相関がみられた(P<0.05)が,後期相SIとの間に関連はみられなかった.また,T2SI比とPIの間にも相関がみられなかった.TTPはいずれのパラメーターとも相関を示さなかった.
【考察】
CEUSより得られるパラメーターのうちPIには機種間の差が存在するため定量的評価にはTTPの評価が望ましいとする報告があるが,視覚評価による質的診断,拡がり診断といったCEUSの利点であるリアルタイムの情報は輝度,即ちPIに反映される.
CEUS施行時に硬癌のようなBモードで後方減弱の強い病変で造影効果が得られないことが時に経験されるが,組織特性の影響を受けないと考えられるMRI Dynamic Studyの早期相SIとPIは正の相関を示すことが示された.即ち後方減弱をきたす症例では組織特性によるアーチファクトではなく,血管密度が低いために輝度が低いと考えられる.また,MRI早期相は造影後1〜2分の画像で腫瘍の血管新生を強く反映するため腫瘍血管そのものを示すCEUSの画像とよく対応するが,後期相は造影後5分以上経過後で腫瘍血管透過性の亢進を反映しているため,CEUSの画像とは異なるものを表していると考えられる.
CEUSではMRIの早期相で描出されない病変や,Bモードで後方減弱の強い病変に対しては検出力が劣る可能性がある一方,早期相で描出される乳癌病変と後期相で描出される乳腺症とのコントラストが拡がり診断において有用である可能性も考えられる.CEUSにより得られる情報の特徴を理解したうえで対象症例を選択することがCEUSの有効活用につながると思われる.