Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 腎・泌尿器
シンポジウム 腎・泌尿器 2 小児の腎泌尿器超音波検査

(S443)

小児泌尿器科領域おける超音波診断

Ultrasound Examination for Pediatric Urologic Disease

内藤 泰行, 本郷 文弥, 鴨井 和実, 沖原 宏治, 浮村 理

Yasuyuki NAITOH, Fumiya HONGO, Kazumi KAMOI, Koji OKIHARA, Osamu UKIMURA

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科

Department of Urology, Kyoto Prefectural University of Medecine

キーワード :

超音波検査は,簡便で解像度が高く弊害がないために,スクリーニングから診断に至るまで幅広く使用されている.通常,乳幼児における超音波検査では,鎮静の必要はなくベットサイドで行えることから,CTやMRIより臨床の現場でまず施行される検査である.小児泌尿器科領域において医師にとっては,超音波検査は必須の「眼」であり,これなしに深部臓器である尿路・性器の診断は困難である.
腎臓に対する検査では,サイズの計測はもちろん,腫瘤性疾患・尿路結石・腎実質の嚢胞性疾患・萎縮の有無・腎盂の拡張の程度を見ることができ,膀胱尿管逆流にともなう逆流性腎症や,先天性水腎症の診断に有用である.尿管は通常超音波では描出が困難だが,尿路閉塞などで尿管が拡張すると描出され,巨大尿管や重複腎盂尿管の診断に役立つ.腎血管の定量的評価(Resistive indexなど)は機能に関連する評価にも役立つ.
膀胱に対する検査では,膀胱にある程度尿がたまっている必要があり,尿管瘤や神経因性膀胱・下部尿路閉塞に伴う膀胱壁の肥厚の診断に役立つ.また,膀胱の充満時と空虚時の腎盂拡張の程度の違いから,膀胱尿管逆流の診断の役立つこともある.
外性器に対する検査では,精巣腫瘍や精索静脈瘤の診断は言うまでもなく,急性陰嚢症において有用である.精巣捻転・精巣垂捻転・精巣上体炎・精巣炎などの診断において,精巣実質や血流の状態,精巣上体や精巣血管の様子などをドップラー法も併用して判断することができる.
本セッションでは,我々小児泌尿器科領域の臨床の現場における超音波診断について報告する.