Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 甲状腺
パネルディスカッション 甲状腺(JSUM・JABTS共同企画) 小児の甲状腺超音波検診

(S431)

福島県県民健康調査における甲状腺超音波検査の概要

Comprehensive survey results of childhood thyroid ultrasound examinations in Fukushima

福島 俊彦1, 鈴木 眞一1, 鈴木 聡1, 中村 泉1, 志村 浩己2

Toshihiko FUKUSHIMA1, Shinichi SUZUKI1, Satoshi SUZUKI1, Izumi NAKAMURA1, Hiroki SHIMURA2

1福島県立医科大学甲状腺内分泌学講座, 2福島県立医科大学臨床検査医学講座

1Dept. of Thyroid and Endocrinology, Fukushima Medical University, 2Dept. of Laboratory Medicine, Fukushima Medical University

キーワード :

2011年3月11日東日本大震災によって東京電力福島第1原発で事故が発生した.放射線被ばくによる不安の解消を目的に,福島県では県民健康管理調査の一環として,甲状腺検査を事故当時0才から18才以下の37万人に対して長きにわたり検査を行うことを決め,2011年10月9日より開始し,1回目の検査である先行調査が2014年3月31日に終了した.
一次検査は,300476名(81.7%)がすでに受診している.結果が確定した300476名中,A1154606名(51.5%),A2 143576名(47.8%),B 2,293名(0.8%),C 1名であった.
二次検査はB,C判定の2294名(0.8%)が対象となり,すでに2108名(91.9%)が受診している.700名はA1ないしA2に再判定された.また1356名は二次検査後保険診療での経過観察や精査を施行されている.うち537名に細胞診検査が施行され,悪性ないし悪性疑いが113名で,99名がすでに手術を施行された.1名が良性結節,98名が甲状腺癌(乳頭癌95例,低分化癌3例)と病理診断が確定している.詳細については,他稿に譲る.
その他,保険診療に移行した後に良性結節で手術をしたケースもある.また,若年者の特徴的所見である,コロイド嚢胞や甲状腺内異所性胸腺についても言及する.
2巡目の検査もまもなく終了する.今後,生存率向上への寄与,QOL向上等の副次的利点はあるか否かなど疫学的検討を行うべく,長期にわたるフォロー体制の確立が重要である.