Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 乳腺
ワークショップ 乳腺(JSUM・JABTS共同企画) 乳がんに対する薬物療法の効果判定

(S419)

乳癌術前薬物療法時における乳房造影超音波検査の有用性

Impact of contrast-enhanced ultrasound in breast cancer at neoadjuvant chemotherapy

中村 卓1, 2, 平井 都始子3, 芳賀 真代4, 伊藤 高広4, 丸上 永晃4, 中井 登紀子5, 定光 ともみ2, 田中 幸美2, 小林 豊樹2, 中島 祥介2

Takashi NAKAMURA1, 2, Toshiko HIRAI3, Masayo HAGA4, Takahiro ITO4, Nagaaki MARUGAMI4, Tokiko NAKAI5, Tomomi SADAMITSU2, Yukimi TANAKA2, Toyoki KOBAYASHI2, Yoshiyuki NAKAJIMA2

1名張市立病院乳腺外科, 2奈良県立医科大学附属病院消化器外科・小児外科・乳腺外科, 3奈良県立医科大学附属病院中央内視鏡・超音波部, 4奈良県立医科大学附属病院放射線科, 5奈良県立医科大学附属病院病院病理部

1Breast Surgery, Nabari City Hospital, 2Department of Surgery, Nara Medical University, 3Department of Endoscopy and Ultrasonograph, Nara Medical University, 4Department of Radiology, Nara Medical University, 5Department of Pathology, Nara Medical University

キーワード :

【初めに】
乳癌術前薬物療法時に完全奏功(以下pCR)を画像上予測することは困難である.
特に超音波検査では腫瘍残存部位も線維化に置き換わったところも同じように低エコーに見える為,わかりにくい.
腫瘍残存部位が高い確率で同定出来れば,手術時に温存できる乳腺組織を増やすことができる.
また,乳房温存ができない場合でも,再建に向けてどのくらいの皮膚や筋膜を残せるか正確に判断することはとても大切な事である.
通常のBモードに造影超音波検査(以下CEUS)を加えると血流情報も加わるため,pCRの予測に貢献できることが報告されている.
今までの報告では,薬物療法前後のCEUS時にTICを描き,そのピークがなくなることでpCRの予測をしていた.ところが,薬物療法前には多くの検査があり,CEUSができないこともある.
今回,乳癌術前薬物療法症例のうち,薬物療法終了後にCEUSを行った症例の画像を見直し,pCRを予測できるか検討した.
【対象と方法】
対象は2008年4月から2015年10月までに経験した30症例.用いた超音波機器はGE Healthcare社のLOGIQ E9,S8,7.造影剤はゾナゾイドを用い,懸濁液で0.05ml/kgを投与した.術前薬物療法終了2週間後以上経過した,手術直前(2日前)のタイミングでCEUSを行った.画像評価は超音波機器に残された造影早期(投与開始から60秒まで)のリアルタイム動画を見直して行った.
【結果】
pCR(病理学的に乳管内病変も残っていない)は5例だった.5例中2例では血流は認められなかったが,3例で少ないながら血流表示が認められた.
Near pCR(病理学的に乳管内病変のみ残っている,もしくはGrade2bの効果判定だったもの)は7例だった.7例中2例で血流が認められず,2例でごくわずかに血流が認められ,3例で明らかに血流表示が認められた.
pCRとNear pCRを合わせた場合,合計12例中,血流が認められなかったものが4例,ごくわずかに認められたものが3例,明らかな血流が認められたものは5例だった.
Non-pCR(病理学的に浸潤癌が明らかに遺残するもの)は18例だった.18例中12例で明らかに血流表示を認め,2例でごくわずかに血流表示が認められた.
【結果のまとめ】
Non-pCRでは血流が消失したものはなかった.血流が消失していればNear pCR以上の効果が期待できると思われた.
pCRおよびNon-pCRで血流が残っているように見えるものは,腫瘍血管ではなく,背景乳腺に存在する既存の血管と思われた.しかし,腫瘍血管との鑑別は客観的基準がなく,困難だった.
【考察】
術前薬物療法後のCEUSは腫瘍量が減っていると血流が減るが,正常の乳腺組織にも血流は認められるため,どれぐらいの血流があった場合に腫瘍残存とするか,判断が難しい.
今後は多くの症例を重ねたうえで評価基準画像を作ると同時に,血流表示の多さや輝度を客観的に表示できるソフト,例えばパラメトリックイメージなどの時間軸や輝度軸のデータを同時に画像表示できる技術の標準化が必要と思われた.