Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 乳腺
パネルディスカッション 乳腺 2(JSUM・JABTS共同企画) 乳房超音波検査は病理組織診断にどこまで迫れるか

(S416)

Shear wave Elastographyを用いた乳腺腫瘤診断

Shear wave Elastography for the assessment of breast tumors

江尻 夏樹1, 今野 佐智代1, 川又 美咲1, 高瀬 直敏1, 吉原 明美1, 永田 仁1, 2, 竹川 英宏1, 3, 髙田 悦雄1, 4

Natsuki EJIRI1, Sachiyo KONNO1, Misaki KAWAMATA1, Naotoshi TAKASE1, Akemi YOSHIHARA1, Jin NAGATA1, 2, Hidehiro TAKEKAWA1, 3, Etsuo TAKADA1, 4

1獨協医科大学病院超音波センター, 2獨協医科大学第二外科学, 3獨協医科大学神経内科, 4那須赤十字病院放射線科超音波診断部

1Center of Medical Ultrasonics, Dokkyo Medical University Hospital, 2Second Department of Surgery, Dokkyo Medical University, 3Department of Neurology, Dokkyo Medical University, 4Department of Ultrasonic Diagnosis, Nasu Red Cross Hospital

キーワード :

【目的】
乳腺疾患の超音波診断ではStrain Elastography(SE)の有用性が知られている.しかし本方法は用手圧迫を用いるため検者手技に依存する方法となる.一方,近年では圧迫を用いず,組織弾性を定量値で表示するShear wave Elastography(SWE)が可能となった.われわれはSWEによる乳腺腫瘤の良悪性診断精度について検討を行った.
【対象と方法】
乳腺腫瘤を疑われ当院紹介となった30例(平均年齢52.1歳,全例女性)を対象とした.TOSHIBA Aplio500(リニア型探触子中心周波数10MHz)を用い,Bモード画像で最大腫瘍径とdepth width ratio(D/W ratio)を計測した.またSEでElasticity Score(ES)およびFat Lesion Ratio(FLR)を求めた.さらにSWEを用いて平均伝播速度,平均組織弾性率を算出した.なお,平均伝播速度および平均組織弾性率は6回計測した平均とした.乳腺腫瘍の確定診断は,細胞診または組織診断で施行した.統計はマン・ホイットニーU,ピアソンのカイ二乗検定,ROC曲線(Receiver Operatorating Characteristic curve)およびロジスティック回帰分析を用いた.
【結果】
良性腫瘍は21例,悪性腫瘍は9例であった.年齢および最大腫瘍径は,前者が48歳(中央値),14.0mmであり,後者が51歳,26.0mmで有意差はなかった.D/W ratioは前者が0.640,後者が0.710を示し,悪性腫瘍で高値を示す傾向にあったが差はなかった(p=0.086).SE所見では,良性腫瘍のFLRは1.48,悪性腫瘍は2.70であり,後者で有意に高値であった(p=0.022).ESをみると,良性腫瘍の61.9%がscore 2であったが,悪性腫瘍は55.6%がscore 3,22.2%がscore 4を示した(p<0.01).一方SWE所見をみると,平均伝搬速度は良性腫瘍が2.78m/s,悪性腫瘍が4.37m/sと有意に悪性腫瘍で速く(p<0.001),平均組織弾性率は良性腫瘍が25.0kPa,悪性腫瘍が63.3kPaであり,後者で有意に高値を示した(p<0.001).ROC曲線の曲面下面積をみると,平均伝搬速度は0.873,平均組織弾性率は0.899と有用であり,平均伝搬速度のカットオフ値を3.41m/sとした場合,悪性腫瘍の感度,特異度は88.9%,61.9%であった.平均組織弾性率はカットオフ値を44.2kPaとすると感度,特異度は88.9%,71.4%でであった.ロジスティック回帰分析では,平均伝搬速度が3.41m/s以上の場合,オッズ比は13.0,平均組織弾性率が44.2kPa以上では20.0,ESのscore 3以上は33.3であった.
【考察・結論】
悪性腫瘍は組織の硬さが高いことが知られており,SEによるESではscore 4以上を示すことが多い.本検討ではscore 3以上で悪性腫瘍が33倍増加する結果であったが,ESは手技による検者間誤差が問題となる.一方SWE所見をみると,平均伝搬速度,平均組織弾性率が高値であり,悪性腫瘍の組織特徴を反映した結果と考えられる.さらにSWEは用手的圧迫法を使用しないため,検者間誤差が少ないことが推察される.結論として,SWEによる乳腺腫瘤診断の有用性が示された.今後,SWEによる診断基準の策定が望まれる.