Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 乳腺
パネルディスカッション 乳腺 2(JSUM・JABTS共同企画) 乳房超音波検査は病理組織診断にどこまで迫れるか

(S415)

Comprehensive ultrasoundとSMI・造影SMI併用による乳房腫瘤診断の経験

Experience of the diagnosis of breast lesions by combination of Comprehensive ultrasound and Superb Micro-vascular Imaging

水藤 晶子1, 2, 中島 一毅1, 櫻井 早也佳1

Akiko MIZUTOU1, 2, Kazutaka NAKASHIMA1, Sayaka SAKURAI1

1川崎医科大学総合外科学, 2多度津三宅病院乳腺甲状腺外科

1Department of General Surgery, Kawasaki Medical School, 2Department of Breast and Thyroid Surgery, Tadotsu Miyake Hospital

キーワード :

近年の超音波装置は著しく進歩し,Bモードでの形態診断に加え,ドプラモードでは血流の多寡と分布を,エラストグラフィでは組織の硬さの程度と広がりを観察することが可能となった.これら3つのモードはボタン一つで切り替えが可能であるため,臨床現場において簡便に使い分けることができる.各モードの所見を比較しながら検査を進めることで診断の精度は飛躍的に向上してきており,その有用性は臨床試験でも証明されるようになってきている.我々はこれらの3モードを併用して総合的に診断する概念を“Comprehensive Ultrasound”との名称で提唱,これまでの学会等で有用性を報告してきた.
Comprehensive UltrasoundはBモード,ドプラ,エラストグラフィをそれぞれ高い精度で実施することで乳房病変の位置,形態,石灰化の有無,血流の有無と分布,硬さの分布を高精細に捉えて鑑別を行う手法であり,病理像を多くの超音波情報から推察することで,「悪性である」ことを診断することのみならず「悪性でない」ことを,インターベンションを行うことなく診断することが究極の目的である.
また,最近発売された新しい血流イメージング技術であるSMI(Superb Micro-vascular Imaging)は,従来のカラードプラに比べて,血流の方向に依存せず(これまでのドプラは探触子からのビームに対する血管の角度に依存し,感度が低下していた),より微細で低流速の血流を非造影で描出することが可能である.カラーモードのcSMI(color-coded SMI)はBモード画像を描出した状態で評価可能であるため血流の分布,走行を子細に観察でき,モノクロームモードのmSMI(monochrome SMI)では背景のBモード画像が描出されないため,さらに微小な血流の視認性が良くなり,より低流速の血流の有無を確認できる.
さらに,第二世代の超音波造影剤ソナゾイドを使用した造影超音波における造影SMIでは造影剤のマイクロバブルが腫瘍の微細な新生血管へも到達することから,カラードプラや非造影SMIだけでは描出の困難なバスキュラリティも評価可能であるため,腫瘍内血流,腫瘍辺縁血流に加え,腫瘍に向かうFeeding ArteryやDrainage Veinの評価も可能である.また,累積画像をとることにより腫瘍全体の造影ムラも知ることができる.通常のドプラだけではバスキュラリティの多寡や血流分布による病理像の想定が困難な症例においては,SMIを用いることにより,さらに微細な血流形態を観察し,診断の精度の向上につながる可能性がある.造影SMIを追加することで低流速の新生血管の有無も高い精度で観察可能となると予想されることから,乳癌病変の広がり診断などにおける有用性も期待している.
我々は2015年より手術予定の乳房腫瘤症例に対してComprehensive Ultrasoundに,SMI・造影SMIを加えた術前病変診断を行っており,症例を提示し,その有用性を報告したい.