Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 乳腺
パネルディスカッション 乳腺 1(JSUM・JABTS共同企画) 乳腺における血流診断(造影なしで血管がどこまで見えるか)

(S410)

乳腺SMIの臨床経験 有用性と課題

Usefulness and problems revealed through clinical experience of the breast SMI(Superb Micro vascular Imaging)

何森 亜由美

Ayumi IZUMORI

香川医療生活協同組合高松平和病院乳腺外科

Breast Surgery, Takamatu Heiwa Hospital

キーワード :

【はじめに】
非造影で低流速の血流情報が得られるSuperb Micro-vascular Imaging(SMI)は,操作も簡便で日常診療で活躍しうる技術として期待されている.血流情報における良悪性の判定については,現在JABTS BC-04で多施設共同研究中であるが,評価項目の一つである血流形態の評価は,組織構築を反映した重要な情報である.今回,当院の日常診療の現場で得たSMIによる実際の超音波画像を提示し,演者の使用経験にもとづく私感を述べる.
【血流形態・分布の観察】
BC-04で評価されている血流形態・分布の項目は,良性gentle and monotonous flow, surrounding marginal flow, no internal flow,悪性irregular flow, mosaic flow, plunging flow, penetrating flow, diffusely increased vascularity in surrounding tissue,である.カラードプラを使用した観察では,病変のバスキュラリティが高い場合にはこれらの血流形態は評価できるが,バスキュラリティが低い場合は,血流の存在は確認できるが形態までは評価が難しかった.SMIを使用した場合,バスキュラリティが低い場合でも,微細な血流形態を観察する事が可能であり,臨床現場での活用に期待が持てると思われた.
【血流形態・分布の記録】
また,血流形態は3次元の立体構築であり,これまでは動画での評価が必要不可欠であったが,SMIではプローブを動かしての連続記録が可能なため,静止画でも血流形態をわかり易く記録する事が出来るようになったことに注目したい.
【今後の課題】
今後の課題としては,微細な血流の評価となるため,現時点では繊細なプローブ操作が必要なことから,術者のトレーニングが重要である.今後の更なる技術進歩により,より簡便に精度の高い血流情報が得られるようになることを期待したい.