Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 乳腺
シンポジウム 乳腺(JSUM・JABTS共同企画) 乳腺における造影超音波の位置づけ

(S400)

乳癌術前化学療法における造影超音波検査の早期効果判定への応用

Ability of contrast-enhanced ultrasonography to determine early clinical responses of breast cancer to neoadjuvant chemotherapy

舛本 法生3, 角舎 学行3, 豊田 祐佳吏1, 加納 昭子1, 福井 佳与1, 小林 美恵3, 恵美 純子3, 重松 英朗3, 片岡 健2, 岡田 守人3

Norio MASUMOTO3, Takayuki KADOYA3, Yukari TOYOTA1, Akiko KANOU1, Kayo FUKUI1, Yoshie KOBAYASHI3, Akiko EMI3, Hideo SHIGEMATSU3, Tuyoshi KATAOKA2, Morihito OKADA3

1広島大学病院診療支援部, 2広島大学病院乳腺外科, 3広島大学腫瘍外科・乳腺外科

1Medical Support, Hiroshima University Hospital, 2Breast Surgery, Hiroshima University Hospital, 3Surgical Oncology, Hiroshima University

キーワード :

【背景】
乳癌における術前化学療法(Neoadjuvant chemotherapy:NAC)は,癌の薬剤反応性を確認できる利点があり,化学療法が必要な乳癌においては標準的治療として行われている.NACによりpathological complete response(pCR)を得られた症例は良好な予後を示すことがいくつかの大規模試験で示されているため,化学療法の効果判定はきわめて重要である.また最近では化学療法開始早期に化学療法が奏効するかどうかを鑑別する治療効果モニタリングが注目されている.このモニタリングのmodalityとして,MRIやPETが有用であることが報告されている.しかしどのモダリティを選択し,どのように評価を行うのが適正かという結論は出ていない.Contrast-enhanced ultrasonography(CEUS)は腫瘍血管内の血流を詳細に描出することが可能である.我々はこれまで,CEUSにおいて乳がんの血流量を定量評価し乳癌の悪性度や増殖能と関連することを報告した.またCEUSの定量評価がNAC終了後の乳癌治療効果判定に応用できることを報告してきた.そして今回,CEUSがNACにおけるpCRの早期効果判定の予測に有用であるかを検討したので報告する.
【対象】
2012年10月〜2016年2月までにNACを完了し手術を行った浸潤性乳管癌57症例(mean age±SD, 51.5±10.7 years)を対象とした.全症例に術前化学療法(taxane 4コース+ anthracycline系薬剤4コース)施行した.HER-2typeの乳がんに対してはtaxaneと同時にTrastuzumabを同時併用した.
【方法】
化学療法開始前およびNAC2コース終了後にUSにおける最大腫瘍径およびCEUSを施行した.腫瘍へ流入するソナゾイド®の輝度の強度と時間変化からTime Intensity Curve(TIC)を作成し,TICより数値化したparameterにより客観的評価を行った.TICによるparameterとして①最高輝度(Peak intensity:PI),②最高輝度到達時間(Time to peak:TTP),③流入速度(Ascending slope: AS)の3種類のパラメータを以下のように定めた.①PI:(ピーク時の輝度値)−(造影剤が腫瘍に流入する直前の輝度値),②TTP:造影剤が腫瘍内に流入開始してからピークに到達するまでの時間,③AS:PI/TTP.そして化学療法開始前およびNAC2コース終了後の最大腫瘍径の減少率(ΔUS)およびCEUSにおけるparameterの減少率(ΔPI,ΔTTP,ΔAS)を算出した.
【結果】
NACにより22症例がpCRとなった.ΔUSおよびparameterの減少率(ΔPI,ΔTTP,ΔAS)から算出した数値よりpCRを予測するReceiver operating characteristics curve analysisを作成した.その中でΔUSはAUC: 0.698(95%CI 0.553-0.842,p = 0.015),ΔASはAUC : 0.682(95%CI 0.533-0.830,p = 0.025)と高い数値を示した.またtriple negativeにおいては,ΔUSはAUC: 0.705(95%CI 0.462-0.947,p = 0.137),ΔASはAUC : 0.773(95%CI 0.544-1.00,p = 0.048)で,ΔASでより有用であった.
【考察】
NAC開始早期のCEUSにおけるTICから算出したparameterにより,pCRを正確に予測出来うる可能性が示唆された.特にtriple negativeではより有用である可能性が示唆された.