Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 産婦人科
シンポジウム 産婦人科 3 胎児診断における3D/4D超音波の活用について

(S380)

3D/4D超音波による胎盤・臍帯異常の診断

3D/4D ultrasound in the assessment of placental and umbilical abnormalities

森 信博, 佐藤 美樹, 金西 賢治, 田中 宏和, 秦 利之

Nobuhiro MORI, Miki SATO, Kenji KANENISHI, Hirokazu TANAKA, Toshiyuki HATA

香川大学医学部母子科学講座周産期学婦人科学周産期科女性診療科

Department of Perinatology and Gynecology, Department of Perinatology and Gynecology Kagawa University School of Medicine

キーワード :

近年の超音波技術の進歩に伴い,より詳細な胎盤・臍帯の評価が可能になってきている.HDliveは仮想の光を対象にあらゆる方向から当てることにより詳細で奥行きのある画像を提供できる.最新の超音波技術である3D/4D HDliveFlow with glass-body rendering modeやsilhouette modeは2D超音波よりもより正確な診断を可能にする.HDliveFlowの解像度は従来の3D/4D color/power Dopplerよりも目覚ましい改良が加えられており,胎盤・臍帯の血流を明瞭に描出することができる.HDlive silhouette modeは胎児や胎盤をガラスのように透明に表現することにより空間的な位置関係や細部を詳細に描出する.これにより胎児の内部構造や胎盤の表面の構造を明瞭に描出することができる.HDliveFlow with glass-body rendering modeとsilhouette modeを組み合わせることによって従来の3/4D超音波よりも胎盤の血管構築をより正確に描出できる.これらの技術は2D超音波を補い,より正確な情報を我々に与えてくれる.今回我々は,上記の新しい診断法を用い正常胎盤・臍帯,さらに異常胎盤・臍帯の診断例を供覧し,その有用性ならびに限界について報告する.