Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 消化器
ワークショップ 消化器 1(一部英語) 慢性膵炎の超音波診断

(S348)

慢性膵炎診断におけるShear wave elastographyの役割とその有用性

The role and feasibility of Shear wave elastography for the diagnosis of chronic pancreatitis

桑原 崇通1, 廣岡 芳樹2, 川嶋 啓揮1, 大野 栄三郎1, 林 大樹朗1, 石津 洋二1, 葛谷 貞二1, 本多 隆1, 中村 正直1, 後藤 秀実1

Takamichi KUWAHARA1, Yoshiki HIROOKA2, Hiroki KAWASHIMA1, Eizaburo OHNO1, Daijuro HAYASHI1, Yoji ISHIZU1, Teiji KUZUYA1, Takashi HONDA1, Masanao NAKAMURA1, Hidemi GOTO1

1名古屋大学大学院医学系研究科消化器内科学, 2名古屋大学医学部付属病院光学医療診療部

1Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagoya University Graduate School of Medicine, 2Department of Endoscopy, Nagoya University Hospital

キーワード :

【目的】
慢性膵炎は診断時多くが不可逆性の進行例であるため,可逆性の可能性が示唆されている早期慢性膵炎が診断基準に導入された.早期慢性膵炎診断の為には超音波内視鏡(EUS)が必須であるが,EUSを持たない施設では診断が困難であること,EUS所見の客観性や再現性が現時点では担保されていないなどの問題点があり,より簡便で非侵襲的に早期慢性膵炎を診断することが可能な技術が必要であると考えられている.経腹壁超音波検査を用いるshear wave elastography(SW)は組織弾性の定量化が可能なため,非侵襲的に客観的に早期慢性膵炎が診断することができる可能性がある.今回我々はshear wave elastography(SW)の慢性膵炎診断における役割とその有用性を検討した.
【方法】
2012年10月から2015年4月の間に,Philips社製iU22を用いてSWを測定した203例(平均年齢61.5±15.3歳,男女比125:78)を対象とした.対象の内訳は正常膵108例,慢性膵炎確診48例,慢性膵炎準確診5例,早期慢性膵炎25例,臨床疑診17例であった.膵頭部または膵体部の膵実質に対しSWを5回以上測定し,その中央値を膵弾性率と定義した.早期慢性膵炎臨床所見を有する早期慢性膵炎疑い症例はSW施行後にEUSを施行し確定診断を行い,1)正常膵と慢性膵炎の膵弾性率,2)早期慢性膵炎の診断能,について比較検討を行った.
【結果】
1)正常膵,早期慢性膵炎,慢性膵炎確診,慢性膵炎準確診の膵弾性率(medianおよびIQR: interquartile range)は3.59(2.18-4.73)kPa,5.64(4.65-7.47)kPa,9.16(6.45-13.02)kPa,8.63(5.99-16.58)kPaで,慢性膵炎各病期の膵弾性率はすべて正常膵に比して有意に高値を示し(P<0.001),慢性膵炎確診の膵弾性率は早期慢性膵炎に比して有意に高値を示した(P=0.003).2)早期慢性膵炎疑い症例は42例で,最終診断は早期慢性膵炎25例,臨床疑診17例であった.cut-off値を4.68kPaに設定すると,SWはEUSを行う前に早期慢性膵炎を感度76%,特異度88%,正診率81%で診断することが可能であった.
【結論】
SWは簡便に客観性を持って早期慢性膵炎診断を行うことが可能である.