Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 消化器
シンポジウム 消化器 3 胆膵疾患の造影エコー診断up-to-date

(S319)

通常型膵管癌における造影CTと造影EUSの血行動態の相違点について

The differences of contrast attitude of contrast CT with contrast EUS in pancreatic ductal cancer

須原 寛樹1, 廣岡 芳樹2, 川嶋 啓揮1, 大野 栄三郎1, 林 大樹朗1, 石津 洋二1, 葛谷 貞二1, 本多 隆1, 中村 正直1, 後藤 秀実1

Hiroki SUHARA1, Yoshiki HIROOKA2, Hiroki KAWASHIMA1, Eizaburo OHNO1, Daijyuro HAYASHI1, Youji ISHIZU1, Teiji KUZUYA1, Takashi HONDA1, Masanao NAKAMURA1, Hidemi GOTO1

1名古屋大学医学部医学系研究科消化器内科学, 2名古屋大学医学部附属病院光学医療診療部

1Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagoya University Graduate School of Medicine, 2Department of Endoscopy, Nagoya University Hospital

キーワード :

【目的】
通常型膵癌における造影CTと造影EUSの血行動態の相違点について比較検討すること.
【方法】
対象は,2013年1月から2015年5月までに当院にて充実性膵腫瘍に対して造影CTおよび造影EUSを施行した204例中,切除検体にて病理組織学的に膵管癌と診断された36例.術前化学療法もしくは術前化学放射線療法が施行された症例は除外した.男性22例,女性14例,年齢中央値は68.5(54-78)歳.使用した内視鏡および超音波観測装置は,GF-UE260-AL5(オリンパス社製)とProsoundα10(日立アロカメディカル社製),EG3670-URK(ペンタックス社製)とAscendus(日立アロカメディカル社製),EG-530URもしくはEG-580UR(富士フィルム社製)とSU-1(富士フィルム社製).当院におけるダイナミックCTの撮像プロトコールは,早期動脈相(注入開始25秒後),膵実質相(40秒後),門脈相(60秒後),遅延相(180秒後)の4相.造影EUSではSonazoid®を0.015mg/kgをボーラス投与し,注入開始後より連続して1分間,3分後,5分後には10秒ずつ動画保存している.造影剤注入からのタイミングにて調整し,早期動脈相と造影EUS25秒後,膵実質相と40秒後,門脈相と1分後,遅延相と3分後の血行動態について比較検討した.血行動態については,周囲膵実質と比してhypervascular(hyper),isovascular(iso),hypovascular(hypo)の3型に分類した.また既報のように,造影CTでは早期動脈相よりhypoで,漸増性の造影効果を示し,門脈相以降でhyper/isoとなるもの,造影EUSでは1分以内にpeakを認めるが,1分後には減弱しiso/hypoで,3分後にはhypoとなるものを膵癌パターンとし,両者の診断感度についても検討した.
【結果】
CT早期動脈相(iso3例,hypo33例)とEUS25秒後(hyper1例,iso4例,hypo31例)で一致率は77.8%,膵実質相(iso2例,hypo34例)と40秒後(iso5例,hypo31例)では86.1%,門脈相(hyper2例,iso24例,hypo10例)と1分後(hyper1例,iso8例,hypo27例)では27.8%,遅延相(hyper19例,iso14例,hypo3例)と3分後(iso4例,hypo32例)では8.3%であった.また造影パターンでの造影CTの膵癌診断の感度は91.7%,造影EUSでは88.9%といずれも良好であった.造影CTでパターン不一致例の3例はいずれも造影EUSでは膵癌パターンを示していた.造影EUSでパターン不一致例の4例中,病理所見では全例intermediate typeであり,INFα1例,INFβ3例で,比較的間質の少ない症例であった.
【考察】
造影CT及び造影EUSの各時相での血行動態の相違は造影剤の体内での分布の違いに由来すると思われた.造影早期は比較的一致率が高く,後期で一致率が低い要因としては,腫瘍内における線維間質を反映して解離した所見になる可能性がある.造影EUSは腫瘍の血行動態を連続的に評価可能なモダリティであり,造影CTと相補的に用いることで膵癌の診断能の向上及び組織学的特徴を評価しうる検査法であると考えられた.
【結語】
造影EUSは膵癌の術前診断に有用なモダリティである.