Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 消化器
シンポジウム 消化器 2(一部英語) 消化器領域におけるエラストグラフィーの最先端

(S312)

C型肝炎例におけるShear Wave Elastography(2機種)とMR Elastographyの比較・検討

Comparison of Shear Wave Elastography and MR Elastography in patients with hepatitis C

多田 俊史, 熊田 卓, 豊田 秀徳, 金森 明

Toshifumi TADA, Takashi KUMADA, Hidenori TOYODA, Akira KANAMORI

大垣市民病院消化器内科

Gastroenterology and Hepatology, Ogaki Municipal Hospital

キーワード :

【目的】
SuperSonic Imagine社製AixplorerのShear Wave Elastography(SWE)による肝弾性値の測定は肝線維化診断において,非侵襲的かつ有用な検査方法である(Tada T, et al. Hepatology Research. 2015).今回,C型肝炎患者において2機種によるSWE(AixplorerおよびGE社製LOGIQ E9)およびMR Elastography(MRE)(GE社製Discovery MR750w 3.0T)を同時に測定する機会が得られたのでそれらの比較・検討を行った.
【対象】
対象は2015年4月より9月までの間に当院で同時期に肝のSWE(2機種)とMREの測定が施行され,その弾性値が得られたC型慢性肝疾患患者119例である.年齢は72(23-88)歳,性別(男性/女性)は51/68例で,Child-Pugh分類(5/6/7点)は96/19/4例であった.いずれの装置も肝右葉において肝硬度を測定した.検討項目はSWEとMREの弾性値の比較,および肝線維化スコア(FIB-4 index,APRI)との比較を行った.なお,肝生検を得られた症例が少なく,かつ当院およびこれまでの報告から本検討ではAixplorerの肝弾性値をGold standardとした.
【結果】
(1)弾性値の平均(±SD)はSWE(Aix)が10.2±5.3kPa,SWE(GE)が9.4±3.6kPa,MERが3.8±1.6kPaで,SWE(Aix)とSWE(GE)(P=0.012)およびSWE(Aix)とMRE(P<0.01)のそれぞれにおいて有意差が認められた.(2)SWE(Aix)とSWE(GE)の相関は相関係数が0.904(95%信頼区間:0.864-0.932,P<0.01)で強い相関が認められた.またSWE(Aix)とMREの相関は相関係数が0.881(95%信頼区間:0.833-0.916,P<0.01)でこちらも強い相関が認められた.(3)FIB-4 indexとの相関はSWE(Aix)の相関係数が0.486(95%信頼区間:0.336-0.613,P<0.01),SWE(GE)の相関係数が0.485(95%信頼区間:0.334-0.612,P<0.01),MREの相関係数が0.526(95%信頼区間:0.383-0.645,P<0.01)であった.(4)APRIとの相関はSWE(Aix)の相関係数が0.495(95%信頼区間:0.346-0.62,P<0.01),SWE(GE)の相関係数が0.502(95%信頼区間:0.354-0.626,P<0.01),MREの相関係数が0.568(95%信頼区間:0.432-0.679,P<0.01)であった.
【結論】
SWE(2機種)およびMREの相関は極めて良好であった.各機種間での弾性値には有意差が認められたが,測定方法等の違いによるものと考えられた.各肝線維化スコアとの比較ではSWEおよびMRE弱い相関が認められた.今後はそれぞれの機器の長所・短所(例えば簡便性や費用,肥満・腹水患者への対応等)を考慮し,機種を使い分けていく必要があると考えられた.