Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 消化器
シンポジウム 消化器 1 肝癌の治療・診断におけるシミュレーション・ナビゲーション超音波画像

(S306)

multipolar RFシステムにおける3D Sim-Navigatorの有用性及び局所再発率の検討

Usefullness of 3D Sim-Navigator and examination of local recurrence on multipolar RF system

坂本 梓1, 木村 達1, 大原 芳章1, 齋藤 澄夫1, 西島 規浩1, 那須 章洋1, 米門 秀行1, 喜多 竜一1, 大崎 往夫1, 谷口 敏勝2

Azusa SAKAMOTO1, Toru KIMURA1, Yoshiaki OHARA1, Sumio SAITO1, Norihiro NISHIJIMA1, Akihiro NASU1, Hideyuki KOMEKADO1, Ryuichi KITA1, Yukio OSAKI1, Toshikatsu TANIGUCHI2

1大阪赤十字病院消化器内科, 2大阪赤十字病院超音波検査室

1Gastroenterology and Hepatology, Osaka Red Cross Hospital, 2Ultrasound Laboratory, Osaka Red Cross Hospital

キーワード :

【背景】
バイポーラRFAシステムであるCelonPOWERが登場し,RFA治療に新たな選択肢が加わった.バイポーラ型RFAシステムは複数本の電極針を用いることで,短時間に広範囲の焼灼を行うことができる.しかし,良好な焼灼域を得るためには,複数本の電極針それぞれを,標的結節を中心に3次元的に適切な位置に配置する必要がある.その手法は難易度が高く,これまでにも術前シミュレーション等,様々な工夫が報告されてきた.fusion画像技術を進化させたRVS 3D Sim-Navigator(HITACHI-ALOKA社)は複数本穿刺のシミュレーションを簡易に行うことができ,ナビゲーションに使用することも可能な画期的なシステムである.今回我々は3D Sim-NavigatorのCelonPOWER複数本穿刺における有用性及び,CelonPOWER RFA症例の局所再発率を検討した.
【方法】
当院にてCelonPOWERで複数本穿刺しRFAを行った症例の内,2014年5月から2015年10月の3D Sim-Navigator使用例と,2013年1月から2014年4月の3D Sim-Navigator使用前例(コントロール群)とにおける1セッションでの根治治療完遂率を比較検討した.またCelonPOWER複数本穿刺でRFAを施行したHCCにおける局所再発率を検討し,Cool-TipでRFAを施行したHCCにおける局所再発率と,propensity-score matching解析を用いて比較検討した.
【結果】
3D Sim-Navigator使用例/コントロール群:32結節/45結節,平均腫瘍径は28.1±11.5mm /22.2±5.7mm(p=0.011),1セッションでの根治率は68.8%/66.6%(p=0.847)であった.CelonPOWERでRFAを行ったHCCにおける1年の局所再発率はKaplan-Meier法で8.0%,propensity-score matching解析でケースマッチングを行った症例における1年の局所再発率はCelonPOWER: 0%,Cool-Tip14.9%(p=0.228)であった(平均腫瘍径24.7±5.9mm).
【考案】
コントロール群と比較し,3D Sim-Navigator使用例は腫瘍径の有意に大きい結節を対象としていたが,1セッションでの根治率は有意差がなく,3D Sim-Navigator使用により適切な焼灼が行われたと推測された.ケースマッチングを行った腫瘍径の比較的大きなHCCにおけるRFA後局所再発率は,Cool-Tip例と比較しCelonPOWER例は良好な結果であった.
【結語】
25mmを超えるようなHCCにRFAを行う場合,CelonPOWERでのRFAが推奨され,その際3D Sim-Navigatorの併用が有用であると言える.