Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
パネルディスカッション 循環器 Joint(JSUM・AFSUMB Joint Session)(English) Structural Heart Disease(SHD)のカテーテル治療における 心エコーの役割

(S286)

経カテーテル的大動脈弁留置術における心エコー図評価の実際

The Role of Echocardiography in Transcatheter Aortic Valve Implantation

大西 俊成1, 中谷 敏2, 仙石 薫子1, 中谷 和弘1, 市堀 泰裕1, 前田 孝一3, 鳥飼 慶3, 倉谷 徹3, 澤 芳樹3, 坂田 泰史1

Toshinari ONISHI1, Satoshi NAKATANI2, Kaoruko SENGOKU1, Kazuhiro NAKATANI1, Yasuhiro ICHIBORI1, Koichi MAEDA3, Kei TORIKAI3, Toru KURATANI3, Yoshiki SAWA3, Yasushi SAKATA1

1大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学, 2大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学, 3大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科学

1Department of Cardiovascular Medicine, Osaka University Graduate School of Medicine, 2Division of Functional Diagnostics, Department of Health Sciences, Osaka University Graduate School of Medicine, 3Department of Cardiovascular Surgery, Osaka University Graduate School of Medicine

キーワード :

生活習慣や高齢化社会といった社会環境の変化を背景に動脈硬化性の大動脈弁狭窄症(AS)が増加してきた.高齢,重篤な合併症の存在など,高リスクなAS症例に対する治療法として経カテーテル的大動脈弁留置術(Transcatheter Aortic Valve Implantation: TAVI)が選択される.TAVIにおいて,心エコー図は術前,術中,術後,いずれにおいても重要な役割を果たしている.
術前の心エコー図:TAVI術前には,経胸壁心エコー図(TTE)を用いてASの診断,重症度評価,大動脈弁の形態,弁輪径の評価を行なう.特にASの重症度は心エコー・ドプラ法による評価がすべてであるといっても過言ではない.弁輪径の計測は至適弁サイズを選択するために重要である.さらに,術中合併症を回避するために冠動脈開口部の位置,粗大な石灰化の有無,疣腫や血栓などの可動性病変の有無,左室形態,および左室機能を評価する.
術中の心エコー図:TAVI術中には,経食道心エコー図(TEE)による評価が中心となる.まず,術直前の大動脈弁や僧帽弁および心機能の評価を行なう.ガイドワイヤー挿入時,人工弁留置時,X線透視下に確認することが基本となるものの,TEEにより補完的な情報を得ることができる.弁留置後には,人工弁周囲逆流,弁輪部破裂,人工弁損傷,冠動脈入口部閉塞,僧帽弁損傷など術中に起こりうる合併症の評価は必須である.また,最近では,より低侵襲な局所麻酔下にTAVIを行なう場合があり,その際には,TTEにより評価していくこととなる.
術後の心エコー図:TAVI術後には,TTEでの評価が中心となる.人工弁の圧較差,有効弁口面積,弁周囲逆流の程度や心機能について経時的に評価していく.