Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
パネルディスカッション 循環器 3 高齢者・超高齢者における心エコー検査

(S282)

高齢者大動脈弁狭窄症の心エコー図評価

Echocardiographic evaluation of aortic stenosis in elderly patients

村田 光繁1, 鶴田 ひかる2, 板橋 裕史2

Mitsushige MURATA1, Hikaru TSURUTA2, Yuji ITABASHI2

1慶應義塾大学医学部臨床検査医学, 2慶應義塾大学医学部循環器内科

1Department of Laboratory Medicine, Keio University, School of Medicine, 2Department of Cardiology, Keio University, School of Medicine

キーワード :

高齢化社会に伴い,心血管系疾患は増加の一途をたどっている.特に大動脈弁狭窄症(AS)は,高齢者において普通に見られる疾患といっても過言ではない.経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)が施行可能となり,より高齢なAS患者に対しても積極的にinterventionの適応を考慮する時代となった.最近では高齢という理由だけで外科的大動脈弁置換術(SAVR)の禁忌ではないと考えられるようになったが,高齢者は心外合併症が多くSAVRがハイリスクである症例が多いのも事実である.TAVIはSAVRより低侵襲であるが,TAVIの適応にはより詳細な術前の画像評価が必須であり,心エコーとCT,それぞれの長所と短所を理解し状況に応じて使い分けることが重要である.心エコーはASの重症度,心機能,術後リーク評価等に有用であるが,高齢者ではしばしば大動脈弁の高度石灰化によるアーチファクト,狭小左室,心房細動,左室機能障害等を認めるため,心エコー評価のピットフォールを理解し,その限界も知る必要がある.本講演では,実際の症例を提示しこれらの点について議論したい.