Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
パネルディスカッション 循環器 2 心不全臨床に役に立つ心エコードプラ指標 —conventionalな指標を中心に

(S278)

左室収縮末期容量は非代償性心不全症例の予後予測因子としての有用である

Significance of LVESV as a prognostic marker of decompensated heart failure

針村 佳江, 瀬尾 由広, 山本 昌良, 町野 智子, 石津 智子, 青沼 和隆

Yoshie HARIMURA, Yoshihiro SEO, Masayoshihi YAMAMOTO, Tomoko MACHINO, Tomoko ISHIZU, Kazutaka AONUMA

筑波大学循環器内科

Cardiovascular Division, University of Tsukuba

キーワード :

【目的】
多くの心エコー指標から心不全における予後予測因子を明らかにすること.
【方法】
茨城県内基幹病院で構成される多施設研究に登録された非代償性心不全による入院症例を対象とした.入院中死亡例を除き,退院前に総合的な心エコー検査可能であった症例を前向きに検討した.主要エンドポイントは心血管疾患による再入院および心臓死とした.
【結果】
746例が登録され,平均365±267日の観察期間において,230(30.8%)例で主要エンドポイントの心事故が認められた.心事故群と心事故無し群で心エコー図指標を比較すると左室収縮末期容量(LVESV, 76±54 vs. 66±46ml, p=0.008),左房容量(90±49 vs. 81±45ml, p=0.02),E/E’(17.7±9.7 vs. 15.8±7.2,p=0.004),および下大静脈最大径(IVC, 16.3±5.2 vs. 14.8±4.9mm, p<0.001)に有意差が認められた.年齢および性別で補正したCox回帰分析を行うとLVESV(HR 1.004,95%CI 1.002-1.007,p=0.004), E/E’(HR 1.019,95%CI 1.002-1.036,p=0.03),およびIVC(HR 1.042,95%CI 1.010-1.072,p=0.009)が有意な因子であった.一方,血液指標ではBNP,Na,eGFR,およびヘモグロビン値が有意な予後予測因子であった.これらの指標とLVESV, E/E’,およびIVC値によるCox回帰分析を行うと,BNP(HR 1.001,95%CI 1.001-1.002,p<0.001),eGFR(HR 0.99,95%CI 0.98-0.99,p=0.02)に加えてLVESV(HR 1.003,95%CI 1.001-1.007,p=0.02)が唯一心エコー指標では有意な関係が認められた.主要エンドポイントに関するC統計量は,年齢と血液指標では0.67,これにLVESVを加えると0.71,E/E’とIVCをさらに加えると0.716であった.
【結論】
左室収縮末期容量は左室収縮機能に加え,左室リモデリングの指標でもあり,非代償性心不全の予後を予測する上で重要な指標であることが示唆された.