Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
パネルディスカッション 循環器 2 心不全臨床に役に立つ心エコードプラ指標 —conventionalな指標を中心に

(S278)

左室駆出率の保たれた心不全の心エコー図検査における予測因子

Prognostic Impact of Echo Parameters in Patients with Heart Failure with Preserved Ejection Fraction

菊池 祥平, 若見 和明, 大手 信之

Shohei KIKUCHI, Kazuaki WAKAMI, Nobuyuki OHTE

名古屋市立大学大学院医学研究科心臓・腎高血圧内科学

Department of Cardio-Renal Medicine and Hypertension, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences

キーワード :

【目的】
器質的心疾患を有する患者において心機能の低下は心不全の発症と密接に関係している.器質的心疾患を有する左室駆出率の保持された患者で,心不全発症の規定因子を心エコー図検査を用いて検討した.
【方法】
安静時心エコー図検査と心肺運動負荷試験を同日に施行した,器質的心疾患を有する左室駆出率(EF)の保持された患者(EF≧45%)の連続99人を対象とした.心不全を有する患者(HF+)は18人で心不全を有さない患者(HF−)は81人であった.心エコー図検査ではEF,僧帽弁口血流速波形の拡張早期波(E),心房収縮期波(A),Eの減衰時間(DcT),組織ドップラー法による拡張早期僧帽弁輪移動速度(e’),収縮期僧帽弁輪移動速度(s’),拡張早期左室流入血流伝播速度(Vp),と左房径(LAD)を計測した.続けて心肺運動負荷試験を行い最大酸素摂取量(pVO2)を測定した.また同日にヘモグロビン(Hb),血清尿酸値(UA),クレアチニン(Cre)と脳性利尿ペプチド(BNP)を測定した.
【結果】
二群間では,年齢,UA,Cre,BNP,EF,E,DcT,e’,E/e’,s’,Vp,LAD,とpVO2において有意差がみられた.心エコー図検査で得られた指標を用いて多重ロジスティック回帰分析を施行したところ,s’(オッズ比0.36,P=0.02)とDcT(オッズ比1.02,P=0.04)が心不全合併に関する有意な独立変数として選択された.
【結論】
左室駆出率の保たれた患者において,左室収縮能と拡張能は心不全発症の規定因子であった.心エコー図検査は,左室駆出率の保持された器質的心疾患を有する患者の心不全発症を予測する上で有用である.