Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
パネルディスカッション 循環器 1 3次元心エコーはどう使うか?

(S273)

3次元心エコーによる左心機能評価

Left ventricular function evaluation by three-dimensional echocardiography

山口 一人1, 田邊 一明2

Kazuto YAMAGUCHI1, Kazuaki TANABE2

1島根大学医学部附属病院検査部, 2島根大学医学部循環器内科

1Laboratory, Shimane University Hospital, 2Department of Cardiology, Shimane University Faculty of Medicine

キーワード :

心エコー検査は循環器の日常診療において中心的な検査となっている.心エコー検査を行う一つの大きな目的は左室全体あるいは局所の機能を評価することである.左室壁運動異常や左室駆出率left ventricular ejection fraction(LVEF)を視覚的に評価することも行われているが,十分なトレーニングと経験を要し主観的判断によるところが大きい.心疾患患者の管理において正確な左室機能の評価は必要不可欠であり,また心エコー検査により得られた左室機能情報は治療方針決定に重要な指標となる.
従来の心エコーは2次元(2D)の断層像を元にしているが,対象となる心臓は立体であり,さらに絶えず拍動を繰り返しておりその動きは2D断層像内にとどまらない.また左室拡張末期容積left ventricular end-diastolic volume,収縮末期容積left ventricular end-systolic volumeやLVEFは,通常Simpson法を用いて計測するが,この方法は左室が回転楕円体であるという仮定が含まれている.心筋梗塞にともなう心拡大のような症例では梗塞部位における局所の拡大が生じ,内腔は非対称性に拡大する.そのため,その仮定は成り立たず計測値に誤差が生じる.また,2Dによる左室容積計測法の問題点として心尖部のアプローチによって真の心尖部を描出することは容易でないために,左室断面が長軸方向に短縮されて描出されることが多いと指摘されている.3次元(3D)心エコーは,2D心エコーでの計測の問題点である形態上の仮定を含まずに定量化できる.3D心エコーでは真の心尖部を含む心臓全体をfull volume dataとして得ることができるため,左室形態の仮定を必要とせず左室容積を正確に測定することが可能となる.左室容積に関して,3D心エコーは心臓MRIと比較して,2D心エコーよりも相関が良好で,再現性に関しても良好であると報告されている.
2015年American Society of Echocardiographyから心腔および心機能計測に関する新しいガイドラインが発表された.今回のガイドラインには心腔計測に3Dを用いた項目が追加されており,今後も3D心エコーの日常臨床における関わり方が提案されていくものと考えられる.本セッションでは,左心機能評価における3D心エコーの役割や有用性について述べたい.