Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
シンポジウム 循環器 4 心機能評価の新たな展開

(S266)

左室肥大における心筋機能と心腔機能の関連

Relationship Between Left Ventricular Myocardial Function and Chamber Function in Patients with Left Ventricular Hypertrophy

岡田 一範1, 山田 聡2, 岩野 弘幸2, 村井 大輔2, 西野 久雄3, 中鉢 雅大3, 林 大知2, 加賀 早苗1, 三神 大世1, 筒井 裕之2

Kazunori OKADA1, Satoshi YAMADA2, Hiroyuki IWANO2, Daisuke MURAI2, Hisao NISHINO3, Masahiro NAKABACHI3, Taichi HAYASHI2, Sanae KAGA1, Taisei MIKAMI1, Hiroyuki TSUTSUI2

1北海道大学大学院保健科学研究院, 2北海道大学大学院循環病態内科学, 3北海道大学病院検査・輸血部

1Faculty of Health Sciences, Hokkaido University, 2Department of Cardiovascular Medicine, Hokkaido University Graduate School of Medicine, 3Division of Laboratory and Transfusion Medicine, Hokkaido University Hospital

キーワード :

【背景】
高血圧性心疾患(HHD)や肥大型心筋症(HCM)などの肥大心では,左室駆出率(LVEF)が保たれていても,左室の長軸方向のストレイン(St)が低下すると報告されているが,円周方向St(CS)については一定の見解が得られていない.そこで,肥大心におけるStを心筋層別に検討し,心腔の収縮機能および拡張機能との関連を検討した.
【方法】
対象は,LVEFが50%以上に保たれたHHD43例,HCM 41例,および年齢を合わせた健常対照(N)22例.2次元スペックルトラッキング法により,左室の長軸方向グローバルSt(GLS)と円周方向グローバルSt(GCS)を心内膜側と心外膜側それぞれで計測し,絶対値で表示した.左室心腔収縮機能の指標としてLVEFを,心腔拡張機能の指標として左室流入血流伝搬速度(Vp)を計測した.
【結果】
LVEFは3群間に有意差を認めなかったが,内層GLSはN群(16±2%)に比しHHD群(13±3%,p<0.001)とHCM群(10±3%,p<0.001)で有意に小さかった.外層GLSについても同様であった[13±2%,11±2%(p<0.001),7±3%(p<0.001)].内層GCSは3群間に有意差を認めなかったが(26±3%,26±5%,25±4%),外層GCSはN群(10±2%)に比しHHD群(8±2%,p<0.001)とHCM群(7±2%,p<0.001)で有意に小さかった.NとHHDを合わせた2群で,相対的壁厚はGCSの内層-外層間較差と有意に相関した(r=0.39,p<0.001).また,HCM群においても,局所の相対的壁厚と内層-外層CS較差は有意に相関し(r=0.20,p=0.002),左室の求心性形態が内層GCSを正常に保つ代償機転として機能していると考えられた.3群を合わせて解析したところ,内層GCSのみがLVEFと有意に相関した(図).また,すべてのStがVpと有意に相関したが,内層GLSと外層GLSの相関が良好であった.
【結論】
左室駆出率の保たれた肥大心において,長軸方向心筋短縮と外層の円周方向心筋短縮は障害されており,これらは心腔拡張機能と関連していた.求心性形態を介して内層の円周方向心筋短縮を正常に保つ代償機転が存在するものと考えられ,これは心腔収縮機能と関連した.