Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
シンポジウム 循環器 3 重症心不全と僧帽弁逆流

(S264)

非虚血性心筋症に合併する機能性僧帽弁逆流に対する外科治療の効果予測

Who benefits from surgical intervention for functional mitral regurgitation?

木岡 秀隆1, 仙石 薫子1, 中谷 敏2, 坂田 泰史1

Hidetaka KIOKA1, Kaoruko SENGOKU1, Satoshi NAKATANI2, Yasushi SAKATA1

1大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学, 2大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科講座

1Department of Cardiovascular Medicine, Osaka University Graduate School of Medicine, 2Department of Health Sciences, Osaka University Graduate School of Medicine

キーワード :

【背景】
機能性僧帽弁逆流は多くの虚血性,非虚血性心筋症に合併し,予後悪化につながることが知られている.血行再建術を必要とする虚血性心筋症に合併する機能性僧帽弁逆流に対する外科治療に関しては,冠動脈バイパス手術(CABG)単独群とCABGに機能性僧帽弁逆流症に対する外科治療を追加した群との比較により,その有用性に関するエビデンスは集積しつつある.しかしその一方で,血行再建術の適応とはならない非虚血性心筋症に合併した僧帽弁逆流に対する介入の有用性に関してはエビデンスが不足しているのが現状である.実臨床においては機能性僧帽弁逆流に対する単独外科的介入が行われ,効果を認める症例(Responder)もあれば,認めない症例(Non-responder)も経験されるが,術前にその予測を行うことは容易ではない.
【目的】
機能性僧帽弁逆流に対する外科的介入のResponder群とNon-responder群において,術前心形態,心機能,血行動態を比較することでResponder予測因子を検討する.
【方法】
2007年より2015年まで当院にて非虚血性心筋症に合併した中等度以上の機能性僧帽弁逆流に対する外科的治療を行い,術後1年間は中等度以上のMRの再発を認めず,かつ予後を観察しえた25例(僧帽弁形成術9例,僧帽弁置換術16例)を対象に後ろ向きに術前心エコー図検査,右心カテーテル検査結果と予後との関連を検討した.術後1年間,心不全増悪入院,左室補助人工心臓植込み,心臓死を回避した症例をResponder群,回避しえなかった症例をNon-responder群とした.
【結果】
基礎心疾患に関しては特発性拡張型心筋症が23例,心サルコイドーシスが2例であった.Responder群は13例(52%),Non-responder群は12例(48%)であった.Responder群ではNon-responder群に比して左室流出路駆出血流速度時間積分値(LVOT-VTI)(10.9±2.14 cm vs 8.66±1.83. p<0.05),左室拡張末期径(LVDd)(77.8±5.64 vs 72.2±7.34 mm. p<0.05),左室収縮末期径(70.8±6.09 vs 65.4±6.79 mm. p<0.05)が有意に大きかった.左室区出率,左房径,tenting height, E/e’,三尖弁圧較差,肺動脈圧,肺動脈楔入圧,右房圧,心拍出量には両群間で差を認めなかった.
【考察】
機能性僧帽弁逆流は心筋疾患に合併する二次的な合併症であることから,弁膜症重症度のみならず,心筋症としての重症度,進行度の評価が必須と考えられる.今回の検討ではLVOT-VTI,左室径はResponder群とNon-responder群間で有意差を認めたことより,少なくとも重症心不全に伴う僧帽弁閉鎖不全症において,一回拍出量を確保するために,心臓は拡大できることが必要である可能性が考えられたが,今後より正確な左室心筋バイアビリティーの評価が手術適応評価のために必要であると思われる.
【結論】
非虚血性心筋症に合併した機能性僧帽弁逆流に対する外科治療の効果は一部の症例には心イベントを抑制する効果が期待できる可能性がある一方で,心不全増悪入院,左室補助人工心臓植込み,心臓死を回避するには至らない症例も認める.術前LVOT-VTI, LVDd, LVDsはResponder群で有意に高く,Responder予測に有用である可能性が考えられる.