Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
シンポジウム 循環器 3 重症心不全と僧帽弁逆流

(S263)

経カテーテル的僧帽弁形成術の効果

Impact of transcatheter mitral valve repair

神﨑 秀明

Hideaki KANZAKI

国立循環器病研究センター心臓血管内科

Cardiovascular Medicine, National Cerebral and Cardiovascular Center

キーワード :

近年の低侵襲治療の流れは,僧帽弁形成術にも及び,本邦でもカテーテルを用いたedge-to-edge repair治療が近い将来に導入される可能が高くなった.これは,double orifice repairあるいはbow-tie repairとも呼ばれ,僧帽弁弁尖の中央をカテーテルを用いてクリップで固定し,接合させる治療である.単純な術式にもかかわらず,劇的に僧帽弁逆流は減少し,しかも経静脈アプローチによるカテーテル治療であるため,患者さんの体への負担が少なく,治療後のQOLを向上させることが期待されている.しかしながら,その術式には幾つかの制約があり,症例を選択する必要がある.また,多くの症例では開胸手術が可能であり,多様な術式が選択可能なことから,僧帽弁逆流に対する治療としては,外科的治療のほうがより有効と考えられる.今回は,心エコーの立場から,この経カテーテル的僧帽弁形成術の効果について考察をしていきたい.