Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
シンポジウム 循環器 3 重症心不全と僧帽弁逆流

(S262)

心臓再同期治療後の僧帽弁逆流改善を術前心エコー図指標で予測する

Mechanistic features by echocardiography predict the improvement in mitral regurgitation after cardiac resynchronization therapy

大西 哲存, 川合 宏哉

Tetsuari ONISHI, Hiroya KAWAI

兵庫県立姫路循環器病センター循環器内科

Cardiology, Himeji Cardiovascular Center

キーワード :

【背景】
心臓再同期療法(CRT)は一定の条件を満たす重症心不全症例に対する非薬物治療として確立された治療法であり,施行後にはしばしば僧帽弁逆流(MR)改善が観察される.MRは心不全症例の予後規定因子であるため,事前のMR改善予測は臨床的意義が大きい.
【目的】
術前心エコー図指標を用いてCRT後のMR改善を予測し,予後への影響を検討すること.
【方法】
CRT施行された重症心不全277症例(QRS幅≧120ms,左室駆出率≦35%)を対象とした.心エコー図検査をCRT前および6か月後に施行し,左室定量評価,心臓非同期解析,MR重症度評価を行った.エンドポイントを死亡,心移植,左室補助装置植え込みとし,4年間の追跡を行った.
【結果】
CRT前に中等度以上のMRをみとめた114例(48%)のうち48例が軽度以下のMRに改善し,66例は改善がみられなかった.エンドポイントに至ったのは66症例であり,CRT後の中等度以上のMRと強い相関があった.多変量解析により,短軸方向ストレインによる左室非同期200ms以上,左室収縮末期径係数29mm/m2未満,乳頭筋付着部の左室壁異常運動のないことは独立したMR改善の予測因子であることが実証され,これらを組み合わせることで遠隔期予後予測を可能とした.
【結論】
CRT後に中等度以上のMRの存在は予後不良と強く関連する.今回我々が提唱した3つの心エコー図指標を組み合わせることで,CRT後のMR改善を予測し,遠隔期予後指標としても使用しうる.