Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
シンポジウム 循環器 2 虚血性心疾患の診断における心エコー図法の役割と進歩

(S260)

ドブタミン負荷心エコー図と安静時エコー指標を用いた心筋虚血の診断

Value of Resting Echocardiographic Findings and Dobutamine Stress Echocardiography for Diagnosing Myocardial Ischemia

宇都宮 裕人, 日高 貴之, 木原 康樹

Hiroto UTSUNOMIYA, Takayuki HIDAKA, Yasuki KIHARA

広島大学病院循環器内科

Division of Cardiology, Hiroshima University Hospital

キーワード :

【背景】
過去の疫学的研究から,大動脈弁石灰化(aortic valve calcification: AVC),僧帽弁輪石灰化(mitral annular calcification: MAC),大動脈基部石灰化(aortic root calcification: ARC)などの心臓石灰化所見は心血管死と関連することが分かっている.心臓石灰化所見は安静時心エコーで簡便にかつ正確に診断が可能である.しかし,心筋虚血診断において,こうした安静時心エコー所見とドブタミン負荷心エコーを組み合わせることにより診断能が向上するかに関しては検討されていない.
【方法】
胸痛精査のために侵襲的冠動脈造影(invasive coronary angiography: ICA)が予定されている110例について,1週間以内にドブタミン負荷心エコーを施行した.安静時心エコー所見として,①左前下行枝遠位部における拡張期収縮期平均血流速度比(left anterior descending artery diastolic-to-systolic velocity ratio: LAD-DSVR),②AVC, MAC, ARCの有無を定量化した心臓石灰化スコア(total heart calcification score: THC score),③カラー組織ドプラ法で検出した等容性拡張期における心筋移動速度陽性波(Positive myocardial velocity during isovolumic relaxation phase: VIVR)の3項目を評価した.心筋虚血の診断は,ICA時に併施した部分冠血流予備量比≤0.8によって行った.
【結果】
心筋虚血は64例(58%)で認められた.ドブタミン負荷心エコー図による虚血診断能は感度52%,特異度89%だった.多変量ロジスティック回帰分析では,負荷時の壁運動異常(オッズ比[95%信頼区間]2.33[1.48-3.69],P<0.001)と共に,LAD-DSVR≤1.5(6.43[1.39-20.3],P=0.019), THC score≥2(4.49[2.29-10.6],P=0.018),およびVIVR duration≥71msec(7.93[3.72-12.1],P<0.001)が心筋虚血の独立した危険因子であった.図に心筋虚血診断に対する,C統計量の増加傾向を示す.臨床背景にドブタミン負荷心エコーを組み合わせると有意なC統計量の増加が見られたが(C統計量0.65 vs. 0.80,P<0.001), LAD-DSVR, THC score, VIVRといった安静時心エコー所見を組み合わせることで,さらなるC統計量の増加を認めた(C統計量0.80 vs. 0.91,P=0.03).
【結論】
安静時心エコーと負荷心エコー,双方から得られる情報を統合することにより,心筋虚血診断能を向上させる可能性がある.