Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
シンポジウム 循環器 2 虚血性心疾患の診断における心エコー図法の役割と進歩

(S259)

左室ストレイン指標と心臓交感神経活性指標を用いた急性心筋梗塞患者の予後層別化

Risk Stratification Using Left Ventricular Global Strain and Cardiac Sympathetic Nerve Activity in Patients with Acute Myocardial Infarction

大西 哲存, 藤本 恒, 川合 宏哉

Tetsuari ONISHI, Wataru FUJIMOTO, Hiroya KAWAI

兵庫県立姫路循環器病センター循環器内科

Cardiology, Himeji Cardiovascular Center

キーワード :

【背景】
左室機能と心臓交感神経活性はともに急性心筋梗塞症例の予後規定因子である.
【目的】
心エコー図で計測した左室機能指標とMIBG心筋シンチグラフィで評価した心臓交感神経活性指標を組み合わせることで,急性心筋梗塞症例の予後層別化が可能であるかを検討した.
【方法】
発症後24時間以内に冠動脈形成術(PCI)施行し再灌流を得られた急性前壁中隔心筋梗塞患者98例(平均年齢69.5歳,女性17例,平均CK3683mg/dl)を対象とし後方視的検討を行った.PCI1週間後に心エコー図検査を施行し,左室拡張末期・収縮末期径(LVEDD・LVESD),左室駆出率(LVEF),左室長軸方向ストレイン絶対値(GLS)を計測した.PCI3か月後のMIBG心筋シンチグラフィを施行し,後期像心臓縦隔比(H/M),洗い出し率(WR)を算出した.エンドポイントを心血管関連死亡および心不全入院の心血管イベントとし予後を追跡した.イベントの有無で2群に分け比較を行い,イベントに関与する指標が予後予測に有用であるかを検討した.
【結果】
平均観察期間18.5か月中,10例の心血管イベント(死亡3例,心不全入院7例)を認めた.イベント発生群では,有意にLVDSDは大であり,LVEF,GLS,H/Mは小であったが,LVEDD,年齢,性別,β遮断薬の使用,最大CK値,WRでは有意差を認めなかった.単変量Cox比例ハザード解析では,LVEF,GLS,H/Mが有意にイベントと関連があることが示され,ROC曲線解析ではLVEF40%以下,GLS4.3%以下,H/M2.2以下がイベントを予測する最適カットオフ値であることがわかった.Sequential Cox modelを用いると,これらの指標を組み合わせることで急性心筋梗塞症例のより詳細な予後予測が可能であることが示唆された.
【結論】
急性心筋梗塞患者において,GLSおよび心臓交感神経機能は予後と有意に関連し,リスク層別化の有用な指標になりうることが示唆された.