Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 領域横断
ワークショップ 領域横断 2 超音波診断の決めてとなるサインと病理組織における根拠

(S225)

肝血管腫の「ゆらぎ現象」と病理組織所見との比較

Comparison between "fluctuation phenomenon" and histopathology findings of the hemangioma of liver

柴田 陽子1, 西村 貴士1, 2, 西村 純子1, 吉田 昌弘1, 東浦 晶子1, 橋本 眞里子1, 裵 正寛4, 廣田 誠一3, 藤元 治朗4, 飯島 尋子1, 2

Yoko SHIBATA1, Takashi NISHIMURA1, 2, Junko NISHIMURA1, Masahiro YOSHIDA1, Akiko HIGASHIURA1, Mariko HASHIMOTO1, Masahiro HAI4, Seiichi HIROTA3, Jiro FUJIMOTO4, Hiroko IIJIMA1, 2

1兵庫医科大学超音波センター, 2兵庫医科大学肝・胆・膵内科, 3兵庫医科大学病院病理部, 4兵庫医科大学肝胆膵外科

1Department of Ultrasound Imaging Center, Hyogo College of Medicine, 2Department of Internal Medicine, Division of Hepatobiliary and Pancreatic Disease, Hyogo College of Medicine, 3Department of Surgical Pathology, Hyogo College of Medicine, 4Department of Surgery, Division of Hepatobiliary and Pancreatic Disease, Hyogo College of Medicine

キーワード :

【はじめに】
肝血管腫の超音波検査の特徴的所見は,chameleon sign,wax and wane signなどが一般的であるが,我々は,Bモード所見で内部エコーパターンが規則的に変化し,ゆらゆらと揺れている様に観察される現象が頻繁におこることに着目し,この現象を「ゆらぎ現象(fluttering signal)」(以下「ゆらぎ」)と報告した.この「ゆらぎ」は,海綿状血管腫の組織所見を反映していると考え,竹内らによる「糸みみずサイン」と同等と考えた.今回,病理組織所見と対比できた症例を検討したので報告する.
【症例1】
30歳代女性,多発筋炎にてfollow up中,腹部CTにて肝腫瘍を指摘された.超音波検査にて肝S6辺縁に突出した50×38mmの内部エコー不均一な腫瘍を認めた.Bモードでは,chameleon signを認め,低エコーの領域には「ゆらぎ」が観察された.造影超音波検査(以下CEUS)では,腫瘍辺縁に斑状に染影され,fill-inを認めた.1年後に右季肋部の鈍痛を自覚し,サイズの増大(62×43mm)がみられたため,インフォームドコンセントの上,手術が施行された.病理組織学的に,「ゆらぎ」の部分に一致して,内皮で覆われた海綿状の血管腔が境界不明瞭に発育した海綿状血管腫と診断された.
【症例2】
30歳代女性,左季肋部と臍周囲の痛みで受診.腹部CTで左腎結石と左横隔膜直下に約10cmの巨大腫瘍を認めた.超音波検査にて肝左葉に130×88mmの内部エコー不均一な腫瘍を認めた.低エコーの領域に「ゆらぎ」を認めた.CEUSでは,腫瘍辺縁は斑状に染影され,fill-inを認めた.サイズが大きく,出血の可能性も考えられたため,インフォームドコンセントの上,手術を施行した.病理組織学的には,血管の増生がみられ,腫瘍は海綿状血管腫と診断された.明らかな異型細胞は認められなかった.
【症例3】
60歳代女性,C型慢性肝炎のため経過観察中に超音波検査にてS6に高エコー腫瘍を認めた.Chameleon signや「ゆらぎ」は認めず,CEUSでも,点状の染影のみでfill-inは認めなかった.造影CTでは,腫瘍は不整に染影され,血管腫が疑われたが,HCV陽性であり,腫瘍生検を行った.病理組織学的には,硝子変性した領域を含んだ硬化型血管腫と診断された.
【結語】
Bモードで「ゆらぎ」が認められた部分には,病理組織にて海綿状の血管腔が存在し血管腔内の血球の音響流の影響,または,海綿状の部分が超音波を照射することににより動く現象を観察していると推測した.