Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.Supplement

一般口演 産婦人科
胎盤・臍帯 

(S649)

子宮下節の開大時期と前置胎盤の出血に関する検討

Association between the gestational age at opening uterine isthmus and hemorrhage in placenta previa

後藤 未奈子, 新垣 達也, 長谷川 潤一, 瀧田 寛子, 仲村 将光, 関沢 明彦

Minako GOTO, Tatsuya NIIGAKI, Junichi HASAGAWA, Hiroko TATSUTA, Masamitsu NAKAMURA, Akihiko SEKIZAWA

昭和大学医学部産婦人科学講座

Showa University School of Medicine, Obstetrics & Gynecology

キーワード :

【目的】
前置胎盤が覆っている子宮下節が,より早い時期に開大する場合,妊娠中および帝切時の出血が増えるかどうかを明らかにすること.
【方法】
2008-2014年,前置胎盤の当院管理例に,頸管長,子宮下節の後方視的観察を行った.25週未満の下節開大例を早期開大例,25週以降の下節開大例を晩期開大例とし,妊娠中の出血,術中多量出血との関係を解析した.本研究は当院の倫理委員会の承認を得ている.
【結果】
99例(早期開大44例,晩期開大55例)を検討.警告出血の頻度は64%,49%(p=0.15)であった.出血による緊急帝切の頻度は48%,25%(p=0.02)であったが,帝切直前の頸管長は差がなかった.帝切時出血2500ml以上の頻度は25%,9%(p=0.03)であった.
【結論】
早期開大例は,脱落膜と胎盤のずれを生じやすく,出血による緊急帝切と関連が深く,長期間の下節の伸展のため,帝切時の弛緩出血になりやすく多量出血の傾向にあった.