Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.Supplement

一般口演 消化器
肝腫瘍(治療②) 

(S577)

複数の穿刺針をリアルタイムにガイドするSmart Navigationの検討

Smart Navigation system to guide multiple puncture needles in real time

嶺 喜隆1, 森安 史典2, 今井 康晴3, 杉本 勝俊2, 佐野 隆友2, 中内 章一1, 泉 実教1, 田中 豪1

Yoshitaka MINE1, Fuminori MORIYASU2, Yasuharu IMAI3, Katsutoshi SUGIMOTO2, Takatomo SANO2, Shouichi NAKAUCHI1, Minori IZUMI1, Go TANAKA1

1東芝メディカルシステムズ株式会社超音波開発部, 2東京医科大学消化器内科, 3東京医科大学八王子医療センター消化器内科

1Ultrasound Systems Development Department, Toshiba Medical Systems Corporation, 2Department of Gastroenterology and Hepatology, Tokyo Medical University, 3Department of Gastroenterology and Hepatology, Tokyo Medical University Hachioji Medical Center

キーワード :

【はじめに】
RFAやIREなど,複数の穿刺針を使用して,より正確で合併症の少ない肝癌の局所治療法が臨床応用されている.複数の穿刺針を腫瘍あるいはその周囲に正確に穿刺し,治療中に針先位置をモニターする必要がある.今回,複数の穿刺針の位置をリアルタイムにガイドするSmart Navigationシステムを開発し,ガイドの精度および有効性を検討したので報告する.
【方法】
システムは,穿刺針のグリップ部に,シブコVirtuTRAXブラケットを使用して磁気センサーを装着し,針が直線形状であることを仮定して,仮想穿刺ラインとして,超音波画像上に穿刺ナビゲーションラインを表示する.複数の穿刺針に磁気センサーをつけて,各々の仮想の針先位置がリアルタイムに表示される.穿刺針をフリーハンドにて穿刺ナビゲーションラインのガイドのみでファントムに刺入し,穿刺対象への到達を評価した.ファントム内には,2cm-12cmの深さに12個の対象が設置されている.装着された3本の穿刺針を順次選択し,60回の穿刺を試行し精度検証した.複数針での治療では,針間の距離が数cmになる.近接した磁気センサーによる精度への影響を,基準の針の位置センサーに2本目の針の位置センサーを近づけ,基準の穿刺ナビゲーションラインの位置のずれにより評価した.本機能を臨床に適用し,肝癌治療における有効性を検討した.
【結果】
ファントム評価の画像を図1に示す.超音波像の視野外より誘導され,穿刺対象に針先が到達している.刺入の過程で針の撓みにより一時的な位置ずれの発生は見られたが60回とも差し直すことなく対象に到達した.近接した磁気センサーの評価では,5mm以内にセンサーが近接した場合,最大1.6mmのずれとなった.肝癌治療8症例にて,有用性を評価した.超音波断層像に各針の穿刺ナビゲーションラインが表示され,針間および針と腫瘍の位置関係を把握することに有用であった.図2は,バイポーラRFAシステムの3本のRFA針での治療画像である.ガスで腫瘍や針が視認できない焼灼領域に穿刺ナビゲーションラインが表示され,針先位置の目安を提供している.針の曲がりによる位置ずれは精度の劣化要因であり,観察するタイミングの考慮が必要であった.
【結論】
Smart Navigationは,複数の穿刺針を利用した肝癌治療にて針の正確な穿刺に有用であることが示唆された.