Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.Supplement

一般口演 消化器
肝腫瘍(診断 悪性) 

(S566)

Bモードにて高エコーを呈する肝細胞癌の検討

Hepatocellular carcinoma depicted as hyper echoic

安井 豊, 土谷 薫, 高田 ひとみ, 玉城 信治, 鈴木 祥子, 細川 貴範, 中西 裕之, 板倉 潤, 黒崎 雅之, 泉 並木

Yutaka YASUI, Kaoru TSUCHIYA, Hitomi TAKADA, Nobuharu TAMAKI, Shoko SUZUKI, Takanori HOSOKAWA, Hiroyuki NAKANISHI, Jun ITAKURA, Masayuki KUROSAKI, Namiki IZUMI

武蔵野赤十字病院消化器科

Department of Gastroenterology and Hepatology, Musashino Red Cross Hospital

キーワード :

【目的】
慢性肝炎患者に認められるBモード高エコー結節には,良性結節のみならず肝細胞癌も一定頻度で認められる.これらの結節に対するSozazoid造影超音波検査は,血流評価が可能である点やKupffer相での質的診断が行える点において有用である.特にBモード高エコー結節のKupffer相では,通常の低MIでの観察で等〜高エコーを呈することが組織信号に由来する場合があり,高音圧ドプラーモードが有用であることを報告してきた(第84回日本超音波学会総会).今回我々は,造影超音波検査を施行し肝細胞癌の組織診断が得られた結節について,Bモードにおけるechogenisityの意義と造影超音波所見の意義を検討した.
【方法】
2008年3月から2014年11月までに当院にて腫瘍生検にて肝細胞癌と診断された結節のうち,施行前のSonazoid®造影超音波検査・Bモードエコー所見が得られた129例139結節を対象とした.超音波検査は東芝メディカル社製Aplio XG・Aplio 500を使用し,Sonazoid®は0.5ml/bodyを急速静注した後,60秒までvascular phaseを観察し,その後腫瘍微細血管構築パターンをmaximum intensity projection(MIP)法にて描出し既報のごとくfine,vascular,irregularに分類した.8分後よりKupffer phaseとして低音圧(MI 0.18-0.25)で観察し,周囲と比較して低エコーとならない結節については20分まで観察した後,高音圧(MI 1.5)ドプラーモード(Advanced Dynamic Flow: ADF)で観察した.
【結果】
症例の平均年齢は72歳,背景肝はHCV 83例,HBV 12例,アルコール9例,その他25例で,平均腫瘍径は20mmであった.131結節中,Bモード高エコーは42結節,低エコーは96結節であった.Bモード高エコー結節は低エコー結節と比較して平均腫瘍径は差が無く(19mm vs. 20mm, p=0.67),非多血性肝細胞癌の頻度が高く(57%vs. 18%,p<0.001),病理学的early HCCの頻度が高く(31%vs. 10%,p=0.005),中低分化型HCCの頻度が低かった(43%vs. 64%,p=0.03).MIPパターンはBモード高エコー結節にてfine/ vascular/ irregular 14/ 4/ 0,Bモード低エコー結節にて28/ 32/ 4であり,Bモード高エコー結節では有意にfineとなる結節が多かった(78%vs. 44%,p=0.02).MRI所見(100結節での検討)との比較では,Bモード高エコー結節は低エコー結節と比較して肝細胞相低信号の頻度は差が無く(94%vs. 85%),拡散強調像高信号の頻度が高かった(43%vs. 73%,p=0.007).Bモード高エコー結節のKupffer相観察において低MIで等エコーでADFでのみ低エコーとなった結節は8結節であり,early HCC/高分化型HCC/中分化型HCCが3/ 2/ 2であった.一方で,低MIの観察から低エコーを呈した結節では3/ 6/ 10であり,Bモード高エコー群においてearly HCCの頻度が高い傾向にあった.
【結語】
Bモード高エコーとなる肝細胞癌は低エコーとなる肝細胞癌と比較して分化度が高く,悪性度の高い画像所見を呈する頻度が低かった.病理学的early HCCのKupffer相所見は低MIでは等エコー,ADFで低エコーを呈する傾向を認めた.