Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.Supplement

一般口演 消化器
肝腫瘍(診断 良性) 

(S562)

肝良性腫瘍の輸出血管に関する検討

Draining vein of benign hepatic tumors: observation with contrast-enhanced ultrasonography

長沼 裕子1, 石田 秀明2, 大山 葉子3, 渡部 多佳子2, 船岡 正人1, 藤盛 修成1, 鈴木 克典4, 伊藤 恵子5, 須田 亜衣子5

Hiroko NAGANUMA1, Hideaki ISHIDA2, Yoko OHYAMA3, Takako WATANABE2, Masato FUNAOKA1, Shusei FUJIMORI1, Katunori SUZUKI4, Keiko ITOU5, Aiko SUDA5

1市立横手病院消化器科, 2秋田赤十字病院超音波センター, 3秋田厚生医療センター臨床検査科, 4山形県立中央病院消化器科, 5大曲厚生医療センター臨床検査科

1Department of Gastroenterology, Yokote Municipal Hospital, 2Center of Diagnostic Ultrasound, Akita Red Cross Hospital, 3Department of Medical Laboratory, Akita Kousei Medical Center, 4Department of Gastroenterology, Yamagata Prefectural Central Hospital, 5Department of Medical Laboratory, Omagari Kousei Medical Center

キーワード :

【はじめに】
肝腫瘍の輸入血管に関する検討は多くなされているが,輸出血管に関する検討はいまだ不十分である.造影超音波(CEUS)で輸出血管を観察した肝良性腫瘍27例を検討し若干の知見を得たので報告する.使用装置:東芝Aplio 500, XG,日立アロカPreirus, Ascendus, Arietta70,Prosoundα10.使用造影剤:ソナゾイド®
【対象と方法】
外来でUS,造影US検査を行った肝良性腫瘍27例(肝血管筋脂肪腫(AML)3,肝限局性結節性過形成(FNH)8,血管腫16),男性11例女性16例,年齢31-83歳,(平均52歳),腫瘍径10-80mm(平均33mm).B-mode,カラードプラで腫瘍およびその周囲の血管を観察し,引き続き腫瘍近傍の肝静脈を含む断面でCEUSを行い,腫瘍近傍の血管の染影を観察した.
【結果】
腫瘍に早期血管相でソナゾイド®が流入し始めた直後から数秒間のあいだに(1-31,平均10秒間)近傍の肝静脈へのソナゾイド®の流出を認めた.AML(3例)2-4平均3秒,FNH(8例)5-15平均6.5秒,血管腫16例は10秒未満の速いグループとそれ以降の遅いグループに大別された.速いグループ(6例)4-7,平均4.6秒,遅いグループ(10例)10-31,平均18秒.
【まとめと考察】
HCCの輸出血管は原則として門脈,肝良性腫瘍では肝静脈といわれており,輸出血管の観察は肝腫瘍の鑑別に役立つと考えられる.AMLでは速い輸出血管が約80%に認められAMLの特徴とされており,FNHでは約60%に輸出血管が認められるとされ,これら輸出血管の観察は診断の一助になると思われる.CEUSでの肝腫瘍観察断面設定は輸入血管を中心に決定することが多く,いままで輸出血管の観察はあまりなされてこなかったと考えられるが,リアルタイム性の優れたCEUSで輸出血管を含む断面を観察することは有用と考えられる.今後さらなる検討が必要である.
【文献】
1.Matsui O, Kobayashi S, Sanada J, et al. Hepatocellular nodules in liver cirrhosis: hemodynamic evaluation(angiography-assisted CT)with special reference to multi-step hepatocarcinogenesis. Abdom Imaging 2011; 36: 264-272.
2.Cai P, Wu Y, Xie C, et al. Hepatic angiomyolipoma: CT and MR imaging findings with clinical-pathologic comparison. Abdom Imaging 2013; 38: 482-489.
3.Miyayama S, Matsui O, Ueda K, et al. Hemodynamics of small hepatic focal nodular hyperplasia: evaluation with single-level dynamic CT during hepatic arteriography. AJR 2000; 174: 1567-1569.