Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.Supplement

特別プログラム 産婦人科
シンポジウム 産婦人科1 経会陰超音波検査は産婦人科の必須の検査法になりうるか

(S305)

経会陰超音波により描出される早期の骨盤臓器脱の諸相

Transperineal ultrasonography, a helpful tool for evaluation of the pelvic organ prolapse in an early stage

中田 真木, 上島 千春, 小島 俊行

Maki NAKATA, Chiharu UESHIMA, Toshiyuki KOJIMA

三井記念病院産婦人科

Obstetrics and Gynecology, Mitsui Memorial Hospital

キーワード :

【背景・目的】
骨盤臓器脱(POP)の診療では,早期で介入不要とみられるにも関わらず愁訴の強い受診者に遭遇する.これらの中には,理学的な変形ではなく局所の違和感や下部尿路症状(FLUTS)のために適切な介入の望まれる症例が含まれている.POPの評価手法を見直し経会陰超音波検査(TPUS)を導入することにより,臨床的課題を提示し機能的不具合の原因と機転を考察する.
【対象・方法】
上記の条件にあたる自施設のPOP症例を対象とし,初診時もしくは術前評価において一連の婦人科診察の枠組の中で施行されたTPUSの記録を後方視的に見直した.機器は診察台脇のモバイルエコー,プローブは細径3D仕様(『経腟』)とコンベックス(『経腹』)を用いた.骨盤隔膜や尿道・会陰・肛門の観察には,機器に搭載されたソフトウェアを用いて『経腟』によるボリュームデータを加工し,それぞれの観察に適する断面像を作成した.すぼめ,咳払い,いきみの負荷による変形と可動性の観察には,『経腹』による矢状断の動画記録(dynamic TPUS)を得た.体位は婦人科診察位を基本に,適宜中腰でも実施した.
【結果】
該当の症例群には前腟区画の支持不全と流出路の変形が多く見出される.FLUTSに直結する前腟弛緩は,蓄尿障害につながる流出路の過可動や変形,および排尿障害につながる流出路や膀胱底の変形に区分される(図).中腰の姿勢でこれら前腟弛緩は増強される傾向がある.子宮下垂は,婦人科診察位では検出されず中腰の姿勢でのTPUSにより初めて明らかになることがある.Dynamic TPUSは,後腟区画の細分類(小腸瘤,高位直腸瘤,低位直腸瘤の区分)に有用である.しかしながら,これらの評価手法を追加しても,POP受診者の愁訴の中には,診察・検査によって説明し得ないものが存在する.
【結論】
婦人科診察位に限定せず生活体位に近づけて観察すること,TPUSを併用し裸眼観察の限界を打破することにより,POPの診断・評価は単純化され客観性と再現性が向上する.その上で,いま技術的に可能な評価手法によって説明できない愁訴の存在について,評価手法のさらなる改善により説明がつくのか,そもそもPOPとは異なる起源を持つ愁訴が混入しているのかを究明することが望まれる.