Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.Supplement

特別プログラム 消化器
パネルディスカッション 消化器3 適切なRFAのsafety marginとは?

(S286)

Fusion imagingを用いたRFA治療のablative marginの評価とその治療支援への応用

Evaluation of ablative margin and its application to navigate RFA of HCC by fusion imaging

井倉 技, 小来田 幸世, 澤井 良之, 福田 和人, 今井 康陽

Takumi IGURA, Sachiyo KOGITA, Yoshiyuki SAWAI, Kazuto FUKUDA, Yasuharu IMAI

市立池田病院消化器内科

Department of Gastroenterology, Ikeda Municipal Hospital

キーワード :

肝細胞癌に対するRFA治療におけるsafety marginは腫瘍のサイズや局在,また生物学的な悪性度により異なるはずであるが,十分に議論されてはいない.また画像診断でablative maginを正確に測定する方法も確立されてはいない.
【目的】
RFA後のablative marginをより客観的に評価するためCT-CT/MR-MR fusion imageによる効果判定を行い,その有用性に関して検討した.またRFA治療において,直接US画像にablative marginをfusionし治療支援に用いるExtracted-overlay functionを開発し,その有用性に関して検討した.
【方法】
5 mmのablative marginが得られるようにRFAを施行し,従来のside-by-sideの効果判定で腫瘍の残存なしと判定したHCC患者198結節の腫瘍について,後ろ向きにRFA前後でCT-CT/MR-MR fusion imagingによりminimal ablative margin(MAM)を測定し,他の臨床的因子とともに局所再発に寄与する因子を解析した.Fusion imagingはRFA治療前後のCT/MR画像をAutomatic Image Registrationによってfusionし,腫瘍近傍の肝内構造と肝臓の輪郭をもとに手動で補正した.次にわれわれはRFA治療においてreferenceより腫瘍を抽出し,更には腫瘍のみならず,ablative marginもUS画像に直接重ね合わせるExtracted-overlay functionをRFA治療のnavigationおよび効果判定に用いて,CT-CT/MR-MR fusionの効果判定との一致率や局所再発率を解析した.
【結果】
従来のside-by-sideの効果判定で残存なしと判定した198結節中,CT-CT/MR-MR fusion imageでMAMをretrospectiveに解析すると,20.7%で残存あり,69.7%で5 mm未満,9.6%が5 mm以上であった.多変量解析の結果,CT-CT/MR-MR fusion imageでの残存がないことが局所再発の唯一の有意な危険因子であり(ハザード比6.09,95%信頼区間2.49-14.94,P<0.001),1,3,5年局所再発率は各々残存ありが25.5%,32.9%,39.6%,5 mm未満が1.6%,8.8%,11.8%,5 mm以上で0.0%,0.0%,0.0%であった.次にExtracted-overlay functionにより5 mmのablative marginをUS画像上に重ね合わせてRFA治療を行い,治療直後に効果判定を行うと,CT-CT/MR-MR fusionで残存ありと判定されたのは2結節(2.6%)のみであった.また78結節中6結節(7.7%)は深部のため造影USの判定で評価困難であったが,その他の72結節は造影USにて評価可能であり,MAMを残存なし,5 mm未満,5 mm以上の3群にカテゴリー分類しCT-CT/MR-MR fusionでの効果判定との一致率を求めるとkappa係数は0.60とgood agreementであった.造影USで残存が認められた2結節も最終的に残存なしと判定するまで治療を行ったところ,MAMが5 mm未満と5 mm以上の1年累積局所再発率は各々3.7%,0%であった.
【結語】
fusion imagingで評価したablative marginは正確で局所再発率と相関していた.Extracted-overlay functionを用いたRFA治療によりablative marginを含めた焼灼が可能であり,局所再発率も低下した.