Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2010 - Vol.37

Vol.37 No.03

State of the Art(特集)

(0309 - 0316)

新生児・乳児の経頭蓋内超音波検査

Cranial ultrasonography of newborns and infants

市橋 光

Ko ICHIHASHI

自治医科大学附属さいたま医療センター小児科

Department of Pediatrics, Saitama Medical Center of Jichi Medical University

キーワード : cranial ultrasonography, newborns, infants

成人と比較し,新生児・乳児における経頭蓋内超音波検査は日常診療で必須の検査となっている.他の画像検査と比べ,被爆がないこと,鎮静を必要とせずベッドサイドで繰り返し行えること,分解能がよいことなどが利点である.頭蓋内への超音波の投入位置は限られているため,プローブが小さく奥行きが扇形に広がるセクタ走査型を用いる.新生児・乳児では大泉門が開いているので,そこから超音波ビームを投入することにより,鮮明な画像を得ることが出来る.連続的に移動させて断層像を観察していくが,画像の客観性を保つため,矢状断面,冠状断面それぞれ4断面の基準断面を設定している.超音波診断の中心はBモード画像による形態診断である.頭蓋内出血,脳室周囲白質軟化症,感染症(先天性サイトメガロウイルス感染症,脳炎,髄膜炎),脳奇形(Dandy-Walker症候群,脳梁欠損など),水頭症,脳腫瘍などの診断が可能である.また,脳血流の計測により,新生児仮死,頭蓋内出血,水頭症などの病態を評価することが出来る.新しい技術として,3Dエコー像とRF信号解析法を行っている.3Dエコー法により,脳室容積の計測が可能になった.また,形態を立体的に評価したり位置関係を正確に把握することが容易になった.RF信号解析法は,組織学的診断の可能性をもたらした.

Cranial ultrasonography is an essential examination for newborns and infants. Its use avoids exposure to radiation and the need to sedate the patient. Further, ultrasonography can be used repeatedly at the bedside and with good resolution. We use a sector probe because the narrow anterior fontanella serves as the echo window. Echo images obtained from newborns and infants are very clear. We establish four basal sections in the saggital and coronal regions to maintain the objectivity of the images. The major advantage of cranial ultrasonography derives from its ability to visualize shape using B mode. Ultrasonography is the method of choice in diagnosing cranial hemorrhage, periventricular leukomalacia, infections (congenital cytomegalovirus infection, encephalitis and meningitis), malformation (Dandy-Walker syndrome, and agenesis of the corpus callosum). The pathophysiology of newborn asphyxia, cranial hemorrhage, and hydrocephalus can be estimated from cranial blood flow. Three dimensional ultrasonography is a new technology now being used to examine various organs. It enables us to measure the volumes of the lateral ventricles and grasp the shape of objects in three dimensions. Although, histologic diagnosis using ultrasonography remains difficult, RF signal analysis may make it possible.