Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2008 - Vol.35

Vol.35 No.06

Review Article(総説)

(0663 - 0670)

膵疾患のInterventional Endoscopic Ultrasound (EUS)

Interventional EUS for pancreatic diseases

北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊

Masayuki KITANO, Hiroki SAKAMOTO, Masatoshi KUDO

近畿大学医学部消化器内科

Department of Gastroenterology and Hepatology, Kinki University School of Medicine

キーワード : interventional EUS, EUS-FNA, pancreatic diseases

リニア・コンベックス型EUS装置は,鉗子口から出てきた穿刺針を超音波画面にて確認することが出来ることから,超音波ガイド下の穿刺生検および治療に使用することが可能である.最近,このEUSガイド下穿刺を用いた診断および治療は,Interventional EUSとして多様な目的に応用されている.EUSガイド下穿刺生検は,経消化管的に膵あるいは周辺のリンパ節を穿刺生検することにより,膵の腫瘍性病変の鑑別診断,病期診断に使用される.EUSガイド下腹腔神経叢ブロック術は,膵癌に伴う疼痛に対して胃体部から腹腔動脈基始部周辺へエタノールを注入する治療であるが,穿刺経路が短く,リアルタイムに観察出来る点で,従来の後方からのブロック術と比較すると安全かつ確実に行える方法と考えられている.リニア・コンベックス型EUSは,ドプラ機能を搭載しているため,経消化管的膵仮性嚢胞ドレナージ術時おいて,穿刺経路に血管が存在していないことを確認することが可能であり,出血などの偶発症の危険性を少なくすることが出来る.その他,ERCPによる経十二指腸乳頭的治療が困難な閉塞性黄疸あるいは慢性膵炎患者に対して,EUSガイド下で胆管あるいは膵管を穿刺し,ステントを挿入する治療などが報告されており,Interventional EUSは今後も新しい治療法に応用されることが期待されている.

Because echoendoscopes equipped with a linear or convex array visualize the needle protruding from its channel, they are used in ultrasound-guided aspiration and therapy. Recently, endoscopic ultrasound (EUS)-guided aspiration has been the interventional EUS method of choice in an array of treatments. EUS-guided fine-needle aspiration is used in the differential diagnosis and staging of pancreatic tumors, where the pancreatic tissue or its surrounding lymph nodes are punctured through the gastrointestinal wall. In EUS-guided celiac plexus neurolysis, injecting ethanol around the celiac artery through the gastric body to block pain in patients with pancreatic carcinoma is considered safer and more accurate than ordinary celiac plexus neurolysis. EUS is valuable in transmural pseudocyst drainage. Because an echoendoscope equipped with a linear or convex array visualizes the large vessels, vessels lying between the needle and the pseudocyst can be avoided, preventing bleeding that might otherwise result. Other reports cover such uses as EUS-guided stenting by puncturing the bile duct or pancreatic duct after unsuccessful transpapillary stenting by ERCP. Further application of interventional EUS to other treatments is anticipated.