Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2005 - Vol.32

Vol.32 No.06

State of the Art(特集)

(521 - 527)

超音波ドプラ心弁信号および下行大動脈脈波解析を用いたヒト胎児心循環機能評価法

Evaluation of Fetal Circulation Based on Doppler Sonographic Study of Cardiac Isovolumetric Contraction Time and Analysis of Pulse Waveforms in the Descending Aorta in the Human Fetus

佐藤 昌司1, 中野 仁雄2

Shoji SATOH1, Hitoo NAKANO2

1九州大学大学病院周産母子センター, 2九州大学大学院医学研究院生殖病態生理学

1Maternity and Perinatal Care Unit, Kyushu University Hospital, 2Department of Obstetrics and Gynecology, Faculty of Medical Sciences, Kyushu University

キーワード : aortic pulse wave, cardiac dysfunction, human fetus, isovolumetric contraction time, peripheral circulation

目的:超音波ドプラ胎児心時相解析システムおよび超音波エコートラッキング計測装置を用いて, ヒト胎児における心等容性収縮期および下行大動脈脈波を解析し, その臨床的意義を検討した. 対象と方法:1) 心等容性収縮期:妊娠20-40週の正常胎児116例および臍帯動脈ドプラ血流波形のRI値上昇を認めた胎盤循環異常胎児55例の計171例を対象とした. 胎児のドプラ心弁信号から心等容性収縮期(僧帽弁閉鎖-大動脈弁開放までの時間)を計測し, 本指標の妊娠進行に伴う推移ならびに胎盤循環異常例の特徴を検討した. 2) 下行大動脈脈波:妊娠20-41週の正常胎児196例および心疾患合併胎児19例を対象とした. エコートラッキング法を用いて得られた下行大動脈脈波から最大・最小血管径, 振幅および変化率を算出し, それぞれの指標について妊娠進行に伴う正常値を作成した. さらに, 心疾患合併胎児を心機能低下群(FS≦20%あるいはPLI≧0.5)と正常群との2群に分け, 両群における下行大動脈脈波の特徴を検討した. 成績:1) 心等容性収縮期:正常胎児の心等容性収縮期は妊娠週数, 胎児心拍数によらず一定であった. 胎盤循環異常例において, 分娩前の心等容性収縮期と周産期予後(胎児心拍数陣痛図におけるnonreactive pattern出現の有無, 中大脳動脈血流波形の pulsatility index減少の有無および出生体重)について比較した結果, 心等容性収縮期の上昇例は有意に周産期予後が不良であった(p結論:ヒト胎児心等容性収縮期は胎盤循環不全における代償的な心収縮能亢進および非代償期における心収縮能低下の検出に, ヒト胎児下行大動脈脈波波形における血管径変化率の測定は心機能低下に起因した低心拍出量状態の評価に有用であり, 従来のドプラ血流計測法や心Mモード法に心等容性収縮期と脈波解析を加えることによって, ヒト胎児心循環不全の病態を末梢循環不全と心ポンプ機能低下の両面から評価できる可能性を示唆した.

We investigated the clinical significance of measurements of cardiac isovolumetric contraction time (ICT) and pulse waveforms in the descending aorta in the human fetus. Fetal ICT obtained from human fetuses with elevated PI (Pulsatility Index) values in the umbilical artery demonstrated a significant relationship between prolonged ICT and abnormal fetal outcome. On the other hand, both the amplitude and the amplitude versus end-diastolic diameter ratio (Amp/EDD) in the pulse waveforms in the descending aorta decreased significantly in cases of fetal cardiac dysfunction. These results indicate that fetal isovolumetric contraction time and pulse waveform may warrant consideration as a sensitive, noninvasive parameters for evaluating cardiac contractility and aortic pressure amplitude.