Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2005 - Vol.32

Vol.32 No.02

State of the Art(特集)

(167 - 175)

精巣腫瘍

Testicular Tumor

沖原 宏治1, 中村 晃和1, 水谷 陽一1, 河内 明宏1, 内藤 泰行2, 井上 亘2, 大江 宏2, 岩田 健3, 宮下 浩明3, 三木 恒治1

Koji OKIHARA1, Terukazu NAKAMURA1, Yoichi MIZUTANI1, Akihiro KAWAUCHI1, Yasuyuki NAITOH2, Wataru INOUE2, Hiroshi OHE2, Tsuyoshi IWATA3, Hiroaki MIYASHITA3, Tsuneharu MIKI1

1京都府立医科大学大学院泌尿器機能再生外科学, 2京都第2赤十字病院泌尿器科, 3近江八幡市民病院泌尿器科

1Department of Urology, Kyoto Prefectural University of Medicine, 2Department of Urology, Kyoto Second Red Cross Hospital, 3Department of Urology, Omihachiman City Hospital

キーワード : testicular tumor, ultrasound, Doppler

精巣腫瘍の超音波診断は, 精巣内部像に特有なパターンを持たない多彩な断層像を呈することが, 精巣腫瘍の特徴であると考えられる. しかしながら, 基本的な精巣腫瘍の画像パターンを知ることも重要であり, 超音波検査上の良性精巣内腫瘤病変の特徴の理解も必要である. 本稿では, 他に臨床的に超音波検査が経過観察や治療決定に重要である, 非触知精巣腫瘍, 微小石灰化, Burn out tumorについて解説した. 近年, ドプラ法が普及しており, 精巣腫瘍の鑑別に関する, カラードプラ法の現況についても報告した.

Ultrasound studies focusing on clinical diagnosis of testicular tumor find such nonspecific patterns as hypoechoic, heterogeneous, and homogeneous lesions. These findings are regarded as specific when ultrasound is used to diagnose testicular tumors. We reviewed current studies of nonpalpable testicular tumors, microlithiasis in the testis, and burnout tumors, as well as the clinical efficacy of color Doppler imaging for testicular tumors.