Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2005 - Vol.32

Vol.32 No.02

State of the Art(特集)

(145 - 153)

尿路上皮腫瘍の超音波診断

Ultrasound in Urothelial Tumors of the Urinary Tract

千葉 裕

Yutaka CHIBA

東北公済病院泌尿器科

Department of Urology, Tohoku Kohsai Hospital

キーワード : urothelial tumor, bladder cancer, renal pelvic cancer, ureteral cancer, ultrasound diagnosis

主な尿路上皮腫瘍としては膀胱腫瘍, 腎盂尿管腫瘍がある. 尿路上皮癌のうち70%が乳頭状, 10%が非乳頭状であり, 20%が混合型である. 男女比は2〜3対1で男性に多い. 膀胱癌は, 膀胱三角部, 側壁に好発する傾向があるが, あらゆる部位に発生しうる. 膀胱癌の多くは乳頭状で超音波上は表面がギザギザに見える. 膀胱癌の深達度T1とT2a以上は筋層浸潤の有無により区別される. T1以下の症例では多くの場合, 経尿道的腫瘍切除術(TUR)による治療が選択されるが, T2 a 以上の場合, 膀胱全摘術の対象となることが多い. そのため両者の鑑別が治療を選択するうえで重要となる. 鑑別診断としては, 膀胱結石, 凝血塊, 沈殿物の堆積, 尿管口の隆起, 炎症による粘膜浮腫, 前立腺の膀胱内突出, そして肉柱形成などが挙げられる. 腎盂癌は腎盂腎杯の尿路上皮由来の腫瘍で腎腫瘍全体の約13%にあたる. 尿管癌はまれで全尿路腫瘍の約1%を占める. 形態は大部分が乳頭状で広基性のものは少ない. 非乳頭状形態のものは浸潤傾向が強く悪性度が高いとされる. 特徴として尿管の走行に沿って長軸方向へ進展したり分節状に多中心性に発生することが多く, 同時性異時性に多発病変が存在する可能性は30〜70%といわれている. また約25%では膀胱にも癌が発生するとされる. 腎盂癌と尿管癌は取扱い規約上は腎盂尿管癌として一括化されている.

Bladder, renal pelvic, and ureteral tumors comprise the main urothelial tumors of urinary tract. Seventy percent of urothelial cancers are papillary, 10 percent are non-papillary, and 20 percent are mixed. The incidence of urothelial cancers in males is two to three times that in females. Although bladder cancer occurs most frequently in the bladder triangular area or a lateral wall, it can occur anywhere. Many bladder tumors are papillary, and their surface appears jagged in ultrasound images. Those of stage T2a or greater are distinguished from T1 by invasion of the muscular layer. For differential diagnosis with bladder cancer, bladder stone, blood clotting, sedimentation, ureteral orifices, mucosal edema by inflammation, extrusion of the prostate gland and trabeculation are considered possible causes. Renal pelvic cancer accounts for about 13 percent of all renal tumors. Ureteral cancer is rare, accounting for only about 1 percent of all cancers of the urinary tract. Ureteral cancer occurs mutifocusly in 30 percent to 70 percent of cases.