Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2005 - Vol.32

Vol.32 No.01

Case Report(症例報告)

(0015 - 0019)

体外式超音波検査が診断に有用であった大腸若年性ポリープの1例

Sonographic Features of a Case of Colonic Polyp in Children

竹之内 陽子1, 畠 二郎2, 中武 恵子1, 山下 都1, 小島 健次1, 平井 紀之1, 楠 裕明3, 鎌田 智有3, 春間 賢3

Yoko TAKENOUCHI1, Jiro HATA2, Keiko NAKATAKE1, Miyako YAMASHITA1, Kenji KOJIMA1, Noriyuki HIRAI1, Hiroaki KUSUNOKI3, Tomoari KAMADA3, Ken HARUMA3

1川崎医科大学附属病院中央検査部, 2川崎医科大学検査診断学, 3川崎医科大学食道胃腸内科

1Department of Clinical Laboratory, Kawasaki Medical School Hospital, 2Department of Clinical Pathology and Laboratory Medicine, Kawasaki Medical School, 3Department of Internal Medicine, Kawasaki Medical School

キーワード : Juvenile polyp, transabdominal ultrasonography

症例は2歳男児. 血便を主訴に当院を受診. 無処置にて体外式超音波検査を施行. 下行結腸に径20×10 mm大, 輪郭整, 境界明瞭な腫瘤を認めた. 内部エコーは周囲正常大腸壁の粘膜層と同等かあるいはやや高く, 最大径約3 mmの円形の無エコー域が多発していた. カラードプラでは, 腫瘍基部に一組の動静脈シグナルを認め, 同部より分岐した血管が腫瘍内において樹枝状に分布していた. 下部消化管内視鏡にて同部に有茎性ポリープを確認し, 内視鏡的ポリペクトミーが施行され, 摘出標本の病理組織学的所見により, 若年性ポリープと確定診断された. 術後経過は良好で以後血便は出現していない. 一般に本疾患の診断はX線造影あるいは下部消化管内視鏡でなされることが多い. 体外式超音波検査による本疾患の診断に関する報告も散見されるものの, それらの大半は生理的食塩水注腸を併用したものであり, その侵襲性からスクリーニング法としては適切とは言えない. 本症例のように, 無処置体外式超音波で存在診断のみならず, その特徴的所見からも質的診断における有用性も示唆された. 小児の血便に対する検査法として, 非侵襲的な体外式超音波は臨床上重要な位置を占めるものと考えられた.

Juvenile polyp is a common cause of hematochezia in children. Although the initial and definite diagnoses of this disease are usually based on results of endoscopic or barium studies, the invasiveness of these examinations remains a problem in their use in a primary examination. We discuss a case of juvenile polyp in which transabdominal ultrasonography was useful in detecting and diagnosing a polyp located in the descending colon. A boy aged 2 years had a 1-year history of chance hematochezia. Transabdominal ultrasound revealed a polypoid lesion containing multiple cystic areas. Color Doppler disclosed blood vessels distributed like tree branches. The symptom ceased after endoscopic polypectomy was carried out. Comparing images obtained by water-immersion ultrasonography with the histopathology of the resected specimen revealed that the cystic areas represented dilated epithelial tubules, a characteristic feature of juvenile polyp.