Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

1999 - Vol.26

Vol.26 No.4

ポスターセッション(循環器)
循環器6 動脈硬化

(S0532)

動脈硬化危険因子是正効果は壁弾性測定により最も鋭敏に把握しうる。 −集団検診における、新しい超音波ドプラ法による頚動脈壁弾性値の高精度計測−

The most sensitive measure for therapeutic effect of arteriosclerosis is not the wall thickness but the elasticity of the arterial wall.

小岩 喜郎1, 鎌田 英一1, 千釜 尚朗1, 白土 邦男1, 佐々木 毅2, 長谷川 英之3, 金井 浩3

Y. KOIWA1, H. KAMADA1, H. CHIKAMA1, K. SHIRATO1, T. SASAKI2, H. HASEGAWA3, H. KANAI3

1東北大学医学部第一内科, 2東北大学医学部臨床診断学講座, 3東北大学大学院工学研究科電気・通信専攻

1The 1st Department of Internal Medicine, Tohoku University, 2The Department of Clinical Diagnosis, Tohoku University, 3Department of Electrical Engineering, Graduate School of Engineering, Tohoku University

キーワード :